AirTagの落とし物を拾った。どうすればいい?やることと注意点

Appleから発売された紛失防止タグのAirTag。
もし町を歩いていてAirTagが付いたカバンなどを見つけたらどうしますか?

「見て見ないふりをする」「交番に届ける」そんな人も多いと思うのですが、AirTagはほかの落とし物と違い、持ち主に返りやすい仕組みが用意されています。

もしあなたが「持ち主に返してあげたい」と思ったら、この記事を参考にしてもらえる嬉しいです。

注意!AirTagを拾ってやってはいけないこと

スポンサーリンク

「AirTagを拾ったときにやること」を紹介する前に、絶対にやってはいけないことを紹介します。

そのやってはいけないことというのは拾ったAirTagを持ち帰ることです。まぁ、そんなことする人はあまりいないと思いますけど。

なぜ持ち帰ってはいけないのか。
それはAirTagは常に追跡されているので、あなたが「あとで連絡してあげよう」と思って、AirTagを家や会社に持って帰ると、AirTagの所有者はあなたの家や職場を特定することができるからです。

AirTagを拾ったらその場を動かないようにしましょう。

AirTagを拾ったときにやること・手順

スポンサーリンク

ではここからが本題です。もしあなたがAirTagを拾って、持ち主に「落ちてましたよ」と知らせたいときは以下のように操作します。

  1. AirTagにスマホ(iPhone・Androidなど)をかざす(補足あり)
  2. 画面上にQRコードを読み込んだときのような通知が出るのでタップ
  3. 「このAirTagについて」という画面が出たのを確認
  4. 電話番号が表示されたら、自分で電話をするか交番に電話番号と一緒にAirTagがついた物を落とし物として届け出てその先をやってもらう

AirTagにスマホをかざすコツ

AirTagにiPhoneなどのスマホをかざすと、すぐに通知が来るかと思いきや意外と通知は来ません。

iPhoneの場合、AirTagを読み取るNFCがカメラなどがあるiPhoneの上部にあるので上部のほうにAirTagを持って行くと認識されやすいです。

それ以外のスマホの場合は上部にあることが多いのですが、スマホによっては真ん中のほうにあることもあるので、いろいろ試してみましょう。

普段の生活でスマホのモバイルSuicaを改札にかざしたり、お会計でApple Payなどの決済をするときに「ピッ」といいやすい場所がAirTagを読み取る場所です。

電話番号が出てこないときは

もし電話番号が出てこない場合はAirTagの所有者がAirTagを「紛失モード」にしていない可能性があります。

その場合は、ほかの落とし物と同じように警察や、店内で見つけた場合はお店の人に届け出ましょう。

自分で連絡しないほうが良いケースも

電話番号が表示された後、拾った本人が電話するのはちょっと怖いと思うかもしれません。
女性はなおさらです。

Twitterでも書いたのですが、AirTagを使ったナンパや詐欺・勧誘が今後出てくることも考えれるので注意が必要です。

なので、心配な人はわざわざ自分で電話しなくても警察に持って行って「こんな物を拾って、AirTagという機能を使ったら電話番号がわかった」と説明してもいいでしょう。

もしくは店内で拾った場合はお店の人に電話をお願いしてもいいですね。
ただナンパする人がお店の人と仲良くなりたくて、わざとそのお店に忘れ物をするというパターンもありそうなので、なんとも言えませんが。

関連記事