追跡されてる?見慣れぬAirTagを見つけたときの対処方法

この記事ではAppleが発売した紛失防止タグのAirTagを悪用されたときの対処方法を紹介します。

AirTagは本来個人の所有物の紛失を予防するために開発された商品なのですが、悪意ある人が使うと他人の行動を監視・ストーキングすることもできてしまいます。

Appleはそういった悪用を防ぐための対策をAirTagに施してあるとしていますが、正直なところその対策は完璧ではありません。悪用しようと思えばいくらでも悪用できてしまいます。

そんなときどうすれば良いのか。この記事では紹介します。

AirTagは悪用すると他人を監視できるツールになる

スポンサーリンク

冒頭でも触れましたが、AirTagはあなたの持ち物がどこに行ったのか見つけるのを助けることが本来の使用目的ではありますが、悪用しようと思えば他人の行動を監視することもできます。つまりストーカーの道具として使うことができるということです。

もしあなたのカバンの中に見慣れないAirTagが入っていたらどうしますか?
もしくはいつの間にかあなたのAirTagが誰かのAirTagとすり替えられていたらどうしますか?

そんな経験、誰もしたくありません。でも、世の中何が起こるかわかりません。

AirTagを誰かの荷物に忍ばせた場合、持ち主の手から離れて3日経つとアラーム音が鳴ります。そのためもし気が付いていない場合でも「音が聞こえたら」AirTagの存在に気が付くかもしれません。

でもその音は非常に小さく電車に乗っていたり、町中を歩いていたり、車に乗っていたら気づかない音量です。

またあなたのiPhoneやNFCを搭載したスマホに他人のAirTagを所有していますという通知が来ます。これで気が付くかもしれません。

でも忘れてはいけないことがあります。それはこの通知はあなたが他人のAirTagを所有してからしばらく経ってくるため、それまでの行動は完全に相手に把握されています。

見慣れないAirTagがあなたの荷物に付いてたら

スポンサーリンク

もしあなたのものではない他人のAirTagがあなたの荷物の中や、どこかに付いていたら以下の対策を取りましょう。

ただその前に気を付けなければいけないことがあります。
それは「AirTagは電池を抜かれたり、壊されたりするとその場所を最終ポイントとして記録する」というものです。

つまりあなたが自宅で他人のAirTagを見つけて「こわ!」と電池を抜いてしまうと、あなたの行動を監視している人は「あそこは家か何かだ」と思うかもしれません。

ではどうすればいいか?というと

  • 自分の行動範囲外で電池を外す

これに尽きます。

証拠として取っておくこともできる

さて電池を抜いたAirTagどうしましょう。捨てたり壊したりすることもできますが、個人的には「監視されていた」という証拠のためにAirTagは電池が入っていない状態でキープしておくことをお勧めします。

というのもAirTagは必ずApple IDと紐付けされています。
つまりAirTagを付けた人が誰なのか、誰が付けたのか明らかにする証拠でもあるからです。

実際、他人のAirTagを見つけた場合、そのAirTagにiPhoneをかざすとAirTagのシリアル番号が表示されます。シリアル番号とApple IDが紐付けされているのでAppleなら持ち主を特定できます。

AppleのページにもAirTagが悪用されて、安全が脅かされたと思ったときの対処方法として、以下のように記載されています。

安全が脅かされていると思う場合は、現地の法執行機関 (警察) にご相談ください。

Apple サポート

AirTagがあるだけではストーカーの証拠にはならないかもしれませんが、有力な証拠になる可能性は十分にあります。

ストーカーの所有物を持っているというのはちょっと気持ち悪いんですけどね。でも最終的に自分を守ってくれるかもしれません。

関連記事