iCloudをオフ(サインアウト)にするとどうなる?使えなくなる機能は何?

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadでiCloudをオフにする(サインアウトする)とどうなってしまうのか。iCloudをサインアウトすることで使えなくなってしまう記事は何か?という情報をまとめて紹介します。

iPhoneやiPadを使う上で日常的に意識することはありませんが、iCloudはなくてはならない機能の1つです。他の端末との連携をはかったり、データ共有などを容易にしています。

もしiCloudをオフにしたら、どんなことができなくなるのでしょう。

iCloudからサインアウトするとどうなる?

iPhoneやiPadを使う上で切っても切ることができないiCloudなのですが、iCloudをオフにするとどうなってしまうのでしょうか。

iPhone・iPadは使えなくなってしまうのか?というとそんなことはありません。これまでインストールしたアプリはほとんど使えますし、インターネットなども使うことができます。

スポンサーリンク

ただiCloudに関連する機能が使えなくなってしまいます。
例えばiCloud Driveというオンラインストレージや、iCloudを経由して他の端末とデータや設定を共有している場合、それらがすべてオフになります。

iCloudからサインアウトしても使える機能

iCloudからサインアウトしたら使えなくなりそうなのに、意外と引き続き使うことができる機能から紹介します。

  1. App Store
  2. iMessage
  3. FaceTime

これらの機能はiCloudをサインアウトすると、同時にApple IDがサインアウトされます。

ただiCloudをサインアウトしたあとも個別でApple IDを設定してあげることで、再びつかうことができます。またFaceTimeやiMessageは電話番号を使って利用することも可能です。

iCloudからサインアウトすると使えなくなる機能

続いてiCloudからサインアウトすると使えなくなる機能です。

スポンサーリンク

  • Apple Pay

個人的に予想外だったのがApple Payです。セキュリティー上iCloudがオンになっていないとダメなのでしょうか。

それ以外にもたくさんの機能、特にファイル共有や他の端末とデータ共有している機能が使えなくなります。

  • 探す
  • Game Center
  • ホームApp
  • Siriショートカット
  • ボイスメモ
  • 共有アルバム
  • リマインダー
  • 共有しているメモ
  • 共有しているPages、Keynote、Numbersの書類
  • 連絡先、カレンダー、リマインダー、ブックマーク、Safariのタブの最新情報
  • Handoff、ユニバーサルクリップボード、Apple Watchで自動ロック解除などの連携機能

その他に「iCloud」と付く機能は軒並み使えなくなります。

  • iCloudバックアップ
  • iCloud Drive
  • iCloudキーチェーン
  • iCloudメール
  • iCloud写真
  • iCloudにメッセージを保管
  • iCloudを利用するアプリのデータ

普段生活をしていく中で、あえてiCloudからサインアウトしてiPhoneやiPadを使い続けることはないかもしれません。ただ頭の片隅に入れておいたも良さそうなので紹介することにしました。

情報元:Apple Support

スポンサーリンク

iCloudからサインアウトする方法

最後にiCloudからサインアウトする方法を紹介しておきます。

  1. 設定を開く
  2. 画面上のApple IDのプロフィールが書かれているエリアをタップ
  3. 画面下にスクロールしてサインアウトをタップ
  4. Apple IDのパスワードを入力して、オフにするをタップ
  5. iPhone・iPadに残すデータを選ぶ
  6. 画面右上のサインアウトをタップ
  7. 本当によろしいですか?と出るので、サインアウトをタップ

という順番でクリックします。

関連記事