wordpress for iOSを使ってはいけない。別のアプリを探そう

MacBook Proが壊れてしまったことで突然始まった「iPadで仕事をする生活」。

ブラウザ(Chrome)でWordpressを開いて記事を編集するのはいろいろ問題があったんので、Wordpress for iOSをダウンロードして使ってみることにしました。

ところがこのWordpress for iOS。とんでもないアプリです。ここでハッキリ書いておきます。Wordpress for iOSは絶対に使ってはいけません。

書いてる記事が消えてもいい、編集データがむちゃくちゃになってあとで大変な思いをしても良い人だけ使うことをオススメします。

WordPress for iOSを絶対に使ってはいけない理由

スポンサーリンク

生成されるHTMLがひどい

WordPress for iOSのビジュアルエディタを使って、記事を書くとものすごいHTMLが生成されてしまいます。

そうとは知らずに記事を書いて、何かの拍子にHTMLを表示させて驚愕しました。1時間弱かけて書いた記事のHTMLがズタズタだったときの切なさと、その後のHTMLを直す作業の虚しさと言ったら。

どんな風に酷いのか、試しにWordpress for iOSでこんなものを作ってみました。

内容はともかく、上の画面を見た限りおかしなHTMLが生成されるとは思えませんよね。ところがこの投稿をHTML表示にするとこんな風になってしまいます。

HTMLがわかる人なら、「これは酷い」となる気持ちわかってもらえると思います。

100歩譲って、いえ1万歩譲って、このHTMLのまま投稿してキチンと表示されるなら、まだ許しましょう。ところがこれをプレビュー表示させると目も当てられないような酷いものが表示されます。

もちろんビジュアルエディタを使わず、テキストエディタで編集すればこんな問題は起こりません。でも、iPhoneやiPadという入力をしにくい環境の場合、ビジュアルエディタのほうがいろいろ楽です。

それにHTML?なにそれ?という人がWordpress for iOSのビジュアルエディタで記事を書いたら、大変なことになってしまったときに、もうどうにもならなくなってしまいます。

同期が激遅い!複数の端末で編集するときは要注意

そして決定的にダメだと思ったのはこの同期の遅さです。このおかげで2時間ほどかけて書いた記事が消えてしまいました。

WordPress for iOSは編集中、自動的にサーバーに保存してくれません。つまり更新・保存を手動で行わない限りサーバーには下書きがアップされないということです。

例えば、外出中にiPhoneでサクッと記事のアイディアを書き出してiPhoneを閉じたのち、家や職場に戻ってからiPadで記事としてまとめようとしても、iPhoneで保存していないとiPad側には下書きが表示されません。

他にも複数の端末で書いていて、古い原稿で上書きしてしまったり、とにかく使い勝手が悪いです。

WordPress for iOSは使うのを止めよう

スポンサーリンク

この記事はWordpress for iOSのバージョン10.6を使っています。
今後、HTMLの生成の酷さや同期の遅さは改善されるかもしれません。ただ改善されないかもしれません。それはわかりません。

もしどうしても使ってみたい方は、まずは試験的に使ってみて良さそうだったら続けて使うようにしてください。もしくはそんな「試験的に使う」なんてことはしていられない方は別のアプリを探してみるか、ブラウザでWordpressを使うことをオススメします。

ブラウザで使うWordpressも問題はありますが、アプリと比べたら100倍いいです。

関連記事