iPhone/iPadのメールアプリで署名を色付き文字やリンク付きにする方法

iPhoneやiPadのメールアプリは初期設定のままだと「iPhoneから送信」や「iPadから送信」といった署名が入ります。

メールの文末に付く「iPhoneから送信」を消す・変える方法

この「iPhoneから送信」という署名を止めて、オリジナルの署名にしようと編集画面を開いたところ、色付き文字やリンク付きテキストにするメニューがどこにもありません。できることは文字を打つだけです。

そこでメールアプリの署名は色つき文字やリンク付きテキストを入れることができないのかと思いきや、ちょっとした裏技を使えばできることがわかったので、記事として紹介します。

別のアプリを使って文字を加工する

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのメールアプリの署名を編集する画面では、文字に色を付けたり、文字にリンクを付けたりすることはできません。できるのは純粋に文字を入力するだけです。

ちなみに署名の編集画面まで辿り着くには

  1. 設定を開く
  2. メールをタップ
  3. 一番下にスクロールして署名をタップ
  4. 編集画面で署名を編集する

といった手順を踏んでいきます。

では、どうやって署名にウェブサイトやブログのアドレス、メールアドレスを掲載して、クリックするだけでウェブサイトやブログを閲覧できるようにすればいいのでしょうか。

実は答えは簡単なんです。

別のアプリを使って、文字に色を付けたり、リンクを貼った状態の署名を作って、それをコピーして、メールアプリの署名を編集する画面にペーストすればOKです。

使うアプリはアプリは「これでなければいけない」というものはありません。僕は試しに「Evernote」を使ってやりました。

画像も署名に入れられる?

スポンサーリンク

企業やブランド、商品などのロゴなどを署名に入れる人もいますが、当ブログで試したところではうまく画像を入れることはできませんでした。

正確には署名の編集画面では写真が表示されても、メールの投稿画面では白い枠だけが表示され、画像は挿入されませんでした。

もしどなたか署名に画像を入れる方法を知っていたら教えていただけると嬉しいです。

関連記事