メールの文末に付く署名「iPhoneから送信」を消す・変える方法

iPhoneやiPadに最初から入っているApple純正の「メール」アプリで、メールを送ると「iPhoneから送信」とか「iPadから送信」という一文が「署名」として文末に入ります。

この「iPhoneから送信」を敢えて消さない人もいますが、多くの人は「なんだかカッコ悪い」と思ったり、送られた側も「何アピール?」と考えてしまうことがあるようです。

そこでこの「iPhoneから送信」または「iPadから送信」を削除、もしくは編集する方法を紹介します。

署名の設定はメールアプリの中にない

スポンサーリンク

iPhoneやiPadの少しわかりにくい点として、Apple製のアプリはアプリの設定画面がアプリの中にはなく、設定の中にあることが挙げられます。

今回紹介する「iPhoneから送信」を削除したり、編集するメニューもメールアプリの中ではなく、iPhone/iPadの設定から行うことになります。

やり方は以下の通りです。

iPhone・iPadのメールアプリの署名「iPhoneからの送信」を削除、編集する方法
  1. 設定を開く
  2. メールをタップ
  3. 一番下にスクロールして署名をタップ
  4. iPhoneから送信を削除したり、編集したりする

上のスクリーンショットにはありませんが、複数のアカウントを登録している場合、アカウントごとにメールの署名を変えることができます。

つまり仕事で使っているアドレスとプライベートで使っているアドレスの署名を使い分けることもできますね。

そもそもどうして「iPhoneから送信」を入れる?

スポンサーリンク

そもそもなんですけど、どうして「iPhoneから送信」という言葉が入っているのでしょうか。

諸説ありますが、iPhoneの場合は「iPhoneから送信」と出ますが、他社のスマホでも同じようなものが表示されることが多いことから「メーカー側のアピール」なのでは?という声を目にします。

それ以外にもユーザーとして

  1. モバイル端末で返信してるから、パソコンより誤字脱字があったり、雑な返信になっても許してね。という送信者の意図
  2. メールを管理する上で、パソコンから送ったのかiPhoneから送ったのか区別するため
  3. モバイル端末から送ってますよ=オフィスや自宅にいませんよ。というアピール

などなどが上げられます。

僕は「わざわざiPhoneから送りました」と相手に伝える意味は全くないと思っているので、こういった署名は速攻削除しています。

関連記事