Apple Watchの使い方

Apple Watchにアプリをインストール(追加)する方法

スポンサーリンク

Apple Watchには、iPhoneやiPadのApp Storeが入っていません。

そのためApple Watchにアプリを入れたいときは、iPhoneのWatchアプリを使ってアプリのインストール(追加)を行わなければなりません。

そこで今回はiPhoneを使ってApple Watchにどうやってアプリをインストール(追加)していくのが紹介します。

Apple Watch専用アプリは存在しない

Apple Watchには「Apple Watch専用」というアプリがありません。

そのかわり「Apple Watchに対応しているiPhoneのアプリ」をiPhoneに入れて使います。つまり、Apple Watchに入れたいアプリはiPhoneにインストールされている必要があるということですね。

また、Apple Watchに対応しているアプリはApp Storeからではなく、Watchアプリから検索することができます。

スポンサーリンク

Apple Watch対応のアプリを探す時は

  1. Watchアプリの下にあるApp Storeをタップ
  2. 欲しいアプリをタップ
  3. 入手をタップ

もしくはWatchアプリの右に下にある検索をタップして、アプリを検索することもできます。基本的にiPhoneのアプリを探すのと同じですね。

そしてアプリがiPhoneに入ると、自動的にApple Watchにもアプリはインストールされます。

今回は試しに「駅すぱあと」をダウンロードしてみました。

アプリの位置を変えたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

すでにiPhoneに入っているアプリをApple Watchに入れる方法

最後にすでにiPhoneにはインストールされているが、Apple WatchにはインストールされていないアプリをApple Watchにインストールする方法を紹介します。

やり方は

  1. iPhoneでWatchアプリを開く
  2. マイウォッチを開く
  3. 画面一番下にある利用可能なAppの中から、Apple Watchにインストールしたいアプリを探しインストールをタップする。

これでiPhoneからApple Watchにアプリデータは移行されます。

スポンサーリンク

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。