Apple Watchにアプリをインストール(追加)する方法

Apple Watchには、iPhoneやiPadでアプリのインストールに使うApp Storeが入っていません。

そのためApple Watchにアプリを入れたいときは、iPhoneのWatchアプリを使ってアプリのインストール(追加)をする必要があります。

そこでこの記事ではiPhoneを使ってApple Watchにどうやってアプリをインストール(追加)していくのが紹介します。

Apple Watch専用アプリは存在しない

スポンサーリンク

Apple Watchには「Apple Watch専用」のアプリがありません。
そのかわり「Apple Watch用のアプリを同梱したiPhoneのアプリ」があります。

つまりどういうことか?というと、Apple Watchで使いたいアプリがある場合、iPhoneのアプリをインストールする必要があるということです。

なぜそのようなことになるのか?というと、Apple Watchは画面が小さく機能はもちろん操作が制限されています。そのためデータの管理や設定をiPhoneのアプリで行い、Apple Watchのアプリを管理しているというわけです。

Apple Watchのアプリをインストールする方法

スポンサーリンク

Apple Watchに対応しているアプリはiPhoneのApp Storeからもインストールできますが、Apple Watchで使えるアプリを探すなら、Watchアプリから探す方が確実です。

Apple Watchのアプリをインストールする方法

  1. Watchアプリの下のメニューからApp Storeをタップ
  2. ダウンロードしたいアプリを探す
  3. 入手をタップ

もしくはWatchアプリの右に下にある検索をタップして、アプリを検索することもできます。基本的にiPhoneのアプリを探すのと同じですね。

そしてアプリがiPhoneに入ると、自動的にApple Watchにもアプリはインストールされます。

Apple Watchにアプリをインストールする方法

今回は試しに「駅すぱあと」をダウンロードしてみました。

アプリの位置を変えたいときは下記の記事を参考にしてみてください。

Apple Watchのアプリを並び変える2つの方法、それ以外の解決策

すでにiPhoneに入っているアプリをApple Watchに入れる方法

最後にすでにiPhoneにインストールされているアプリが、Apple Watchにインストールされていないとき、どうやってApple Watchにアプリをインストールするのかやり方を紹介します。

やり方は

  1. iPhoneでWatchアプリを開く
  2. 画面下のメニューからマイウォッチを開く
  3. 画面一番下にある利用可能なAppの中から、Apple Watchにインストールしたいアプリを探しインストールをタップする。

これでiPhoneからApple Watchにアプリデータは移行されます。

関連記事