【Apple Watch】「チップ計算と割り勘」が海外旅行で地味に便利

あまり知られていない機能なのですが、Apple Watchには海外旅行でものすごく便利な機能が搭載されれています。

海外に行って面倒に感じることの一つにあげられるのがチップの支払いです。
10%なら計算しやすいのに15%のチップをあげようとすると一気に計算がわかりにくくなります。しかもそれを3人で割るとなるともう大パニック。

そんな時に便利なのがApple Watchです。
意外と知られていないのですが、Apple Watchにはチップと割り勘の機能が搭載されているんです。

意外と知られていないApple Watchの機能「チップ計算と割り勘」機能

スポンサーリンク

Apple Watchには「計算機(電卓)機能」が搭載されています。
※ watchOS 6かそれ以降が搭載されたApple Watchに限ります。

Apple Watchは画面も小さいので、普段計算する機会はあまりないのですが、実はあまり知られていない便利な機能が搭載されているんです。

それが冒頭でも紹介した「チップ計算と割り勘」機能です。

具体的には「380ドルに15%チップをのせて3人で割る」と言った計算が簡単にできます。

もちろんこの計算も「380 × 1.15 ÷ 3」と入力すればいいだけの話なのですが、それが手軽にできるなら使わない手はないです。

Apple Watchでチップ計算と割り勘をする方法

スポンサーリンク

それではApple Watchでチップ計算と割り勘を行う方法です。

  1. Apple Watchの計算機(電卓)をタップ
  2. 計算機(電卓)を長押し(グッと押し込む)
  3. チップ計算パーセントが出るのでチップ計算をタップ
  1. これまでだった場所がTIPになったのを確認
  2. 金額を入力
  3. TIPをタップ
  4. チップのパーセントをデジタルクラウンを回して入力
  5. 人数も同様にデジタルクラウンを回して入力

これでチップ込みの金額と人数で割った金額が表示されます。

iPhoneの計算機でチップ計算はできる?

ちなみにiPhoneにも計算機(電卓)機能は搭載されていますが、チップを計算する機能は搭載されていません。

画面が大きいので計算しやすいから搭載していないのか、それともiPhoneとApple Watchで開発チームが違うから搭載されていないのかは定かではありません。

もしiPhoneでチップの計算をしたい場合は、App Storeで「チップ計算」などのキーワードを入れて検索するとチップ計算ができる電卓アプリがあるので使ってみてはいかがでしょうか。

例えば「通貨換算+」は為替レートを踏まえて日本円にも換算してくれて便利です。

Apple Watchの基礎知識や使い方、ユーザーがよく遭遇するトラブルに関する記事をまとめました。

関連記事