iPhone/iPadでコピーがうまくできないときの対処方法

iPhone/iPadでコピーがうまくできないときの対処方法

報告多数 バッテリー残量があるのにiPhoneが落ちる問題 原因はiOS 10.1.1にあった!?
一部のiPhone 7 Plusでカメラの撮影時に画面が真っ暗になる不具合発生中
iPhone 8やiPhone Xの画面が黄ばんで、または赤みが強く見えるのは不良品でない可能性大

スポンサーリンク

iPhoneやiPadでテキストをコピーしようとしているのにうまくできなくてイラッとすることありませんか?

長押ししても思った通りに「コピーや貼り付け」をするメニューが表示されなかったり、思ったように範囲を選択できなかったり。

今回はそんなiPhoneやiPadでコピーや貼付けがうまくできないときの対処方法を紹介します。

コピーができない理由は2つある

iPhoneやiPadを使ってテキストのコピーをしようとしたとき、上手くコピーができない理由は2つあります。

コピー禁止のサイトではコピーできない

1つは「そのページがコピーをできなくしている」です。
パソコンでもコピーさせないために、「右クリック禁止」や「ctrl+Cのコピー禁止」を施しているサイトがありますが、それのiPhone/iPad版があります。

スポンサーリンク

コピー禁止にされてしまうと、もう手の施しようがありませんので諦めましょう。

iOSやアプリの不具合やフリーズ

そしてもう一つはiOS自体や、アプリの一部の機能がフリーズしたり、不具合があると長押しした時に出てくるポップアップメニューが表示されません。

そんなときは以下の方法を試してみてください。

キーボードを切り替える

一番手軽に試すことができる解決法は「キーボードを切り替える」です。キーボードの不具合で長押しがうまくできなくなっていることがあります。

どのアプリでも良いので、キーボードを表示させて左下の地球儀のようなアイコンをタップするとキーボードが切り替わります。

アプリの再起動

次に手軽にサッと試すことができるのは「アプリの再起動」です。

スポンサーリンク

アプリを終了させるには、ホームボタンダブルクリックすると、起動しているアプリが表示されるので、再起動したいアプリを上にスワイプするだけです。

その後、アプリを再度起動させるとアプリがリセットされるので、不具合が解消されてコピーできるようになっているかもしれません。

iPhone/iPadを再起動する

キーボードを切り替えてもダメ。アプリを再起動してもダメ。そんなときはiPhone/iPadを再起動すると直るかもしれません。

iPhone/iPadの再起動は電源ボタン長押しして一旦端末を終了したのち、再び端末の電源を入れるだけです。

iOSやアプリをアップデートする

最後にiOSやアプリをアップデートすると直るかもしれません。

iOSのアップデートは設定一般ソフトウェアアップデートの順番でタップします。アプリのアップデートはApp Store▶画面下にあるアップデートをタップするとアップデートがあるアプリが一覧で表示されるので、アップデートさせましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS