例え話でわかる。Appleの「2ファクタ認証」って何?

例え話でわかる。Appleの「2ファクタ認証」って何?

iPhoneの低電力モードのメリット・デメリットって何?(iOS 11対応)
Apple、iOS 10.3のベータ4を開発者向けにリリース
[Mac]スピーカーのアイコンが画面の上から消えた時の対処方法

スポンサーリンク

Appleの2ファクタ認証のページを見ても、何だかわかりにくかったので、今回はAppleが導入している「2ファクタ認証」というセキュリティーがどんなものなのか、紹介します。

ちなみにAppleの2ファクタ認証のページはこちらです。

2ファクタ認証って何?

2ファクタ認証がない場合、新しいiPhoneやiPad、MacにあなたのApple IDとパスワードがあれば、iCloudにアップされているアドレス帳や、カレンダー、メール、Safariのブックマーク、さらに写真やビデオ、メモが同期され新しいデバイスにダウンロードされました。

ところが2ファクタ認証を使うと、Apple IDやパスワードだけでは上記のようなデータは新しい端末にダウンロードされません。

新しいiPhoneやiPadにあなたのApple IDとパスワードを入れると、あなたが使っているAppleのデバイスや事前に設定した電話番号に6桁の数字が送られます。この数字とApple ID、それとパスワードがなければ、新しい端末でログインすることはできません。

スポンサーリンク

ちょっとわかりにくいかもしれないのでAppleがなぜ2ファクタ認証を行うのか、ちょっとした例え話で説明します。

もし偶然、有名人のApple IDとパスワードを入手したら

もしあなたが偶然、有名人AさんのApple IDとパスワードを入手したらどうしますか?あなたがとても誠実な人なら、見なかったことにしてその情報を捨てるかもしれません。

でも、もしかしたら「このApple IDとパスワードがあれば、連絡先とか家がわかるかも。。。」と変な魔が差してしまったら、その有名人の個人情報を抜き出そうとするかもしれません。

2ファクタ認証なしの場合

入手した有名人AさんのApple IDとパスワードを、新しいiPhoneやMacに設定すればiCloudに保存されているアドレス帳やカレンダー、メール、Safariのブックマーク、さらにプライベートの写真やビデオ、さらにAさんのセキュリティー意識が薄かったらメモにクレジットカードの情報なども、抜き取ることができます。

有名人の情報なら、週刊誌やさまざまなところが高いお金を払って買ってくれるかもしれません。ウハウハです。

2ファクタ認証がある場合

ところが2ファクタ認証がある場合、入手したAさんのApple IDとパスワードを新しいiPhoneに設定しようとすると、Aさんが事前に登録したiPhoneやiPad、Mac、もしくは電話に6桁の数字が送られます。

設定している人がAさんなら、自分が使っている端末に6桁の数字が送られてくるので、その数字を見て入力するだけです。何の問題もありません。ところが、他人が設定しようとしている場合、この6桁の数字を入手できないのでログインすることができません。

スポンサーリンク

セキュリティーが断然高くなっているということです。

やっておいて損はないのでやっておきましょう

2ファクタ承認の設定は新しいデバイスでApple IDを使うときに1回行うだけで、そのあと行うことはありません。なので、面倒くさがらずに設定しておきましょう。

設定しておけば何かしらの理由でアカウント情報を他人が入手したときにいたずらされるのを防ぐことができます。

 

スポンサーリンク

COMMENTS