例え話でわかる。Appleの「2ファクタ認証」って何?

この記事ではAppleが提供している2ファクタ認証がどんなものなのか、例え話を使って解説していきます。

というのも、Appleの2ファクタ認証の説明ページを読んでみても、何だかわかりにくかったからです。

ちなみにAppleの2ファクタ認証の解説ページはこちらです。

2ファクタ認証が導入される前は

スポンサーリンク

まず2ファクタ認証が導入されるより前のことについて触れてます。

2ファクタ認証が導入されるまでは、あなたのApple IDとパスワードを他人が入手した場合、他人がそのApple IDとパスワードを使ってiCloudにアップされているアドレス帳や、カレンダー、メール、Safariのブックマーク、さらに写真やビデオ、メモをダウンロードすることができました。

ところが2ファクタ認証が導入されたことで、Apple IDやパスワードだけでは上記のようなデータはダウンロードすることはできなくなりました。

他人が自分のiPhoneやiPadにあなたのApple IDとパスワードを入れると、あなたのiPhoneやiPadなどといったAppleのデバイス、またはあなたの電話に6桁の数字が送られます。

この6桁の数字とApple ID、それとパスワードがなければ、あなたの情報をダウンロードすることはできません。

ちょっとわかりにくいかもしれないのでAppleがなぜ2ファクタ認証を行うのか、ちょっとした例え話で説明します。

もし偶然、有名人のApple IDとパスワードを入手したら

スポンサーリンク

もしあなたが偶然、人気タレントAさんのApple IDとパスワードが書かれたメモ書きを入手したらどうしますか?

あなたがとても誠実な人なら、見なかったことにしてその情報を捨てるかもしれません。

でも、もしかしたら「このApple IDとパスワードがあれば、連絡先とか家がわかるかも。。。」と変な魔が差してしまったら、その有名人の個人情報を抜き出そうとするかもしれません。

2ファクタ認証なしの場合

もし2ファクタ認証がない場合、新しいiPhoneやMacに入手した人気タレントAさんのApple IDとパスワードを使ってログインすると、アドレス帳やカレンダー、メール、Safariのブックマーク、さらにプライベートの写真やビデオをゲットすることができます。

さらにもしかしたらAさんのセキュリティー意識が薄かったらメモにクレジットカードの情報なども見つけられるかもしれません。

そうなったら情報が世界中にダダ漏れです。

有名人の情報なら、週刊誌やさまざまなところが高いお金を払って買ってくれるかもしれません。ウハウハです。

2ファクタ認証がある場合

ところが2ファクタ認証がある場合、入手したAさんのApple IDとパスワードを新しいiPhoneに設定しようとすると、Aさんが事前に登録したiPhoneやiPad、Mac、もしくは電話に6桁の数字が送られます。

設定している人がAさん本人なら、自分が使っている端末に6桁の数字が送られてくるので、その数字を見て入力するだけです。何の問題もありません。

ところが、他人が設定しようとしている場合、この6桁の数字を入手できないのでログインすることができません。

セキュリティーが断然高くなっているということです。

やっておいて損はないのでやっておきましょう

2ファクタ承認の設定は新しいデバイスでApple IDを使うときに1回行うだけで、そのあと行うことはありません。なので、面倒くさがらずに設定しておきましょう。

設定しておけば何かしらの理由でアカウント情報を他人が入手したときにいたずらされるのを防ぐことができます。

 

関連記事