【比較】iPhone 11の超広角の画角でどのくらい広く撮れるか

iPhone 11やiPhone 11 Proには「超広角カメラ」が搭載されています。

「超広角」ということは今までのカメラよりも画角が広い(広いエリアを撮影できる)わけなのですが、どのくらい画角が広いのでしょうか。

従来のiPhoneに搭載されている「広角」「望遠」さらに、アクションカムのOsmo Actionと比べて、どのくらい画角が広いのか比較してみました。

iPhone 11の超広角カメラはどのくらい広く撮れる?

スポンサーリンク

iPhone 11 Proには3つのカメラが搭載されています。
カメラに詳しい人なら、それぞれの画角が52mm、26mm、13mmとと書けば何となくわかってもらえると思いますが、一般の人にはよくわかりません。

かく言う僕もよくわかりません。。。

そこで同じ位置から同じアングルで3枚の写真を撮ってみました。

まずは望遠です。望遠カメラはiPhone 11 Proのみ搭載しています。
以前のモデルだとiPhone XSやiPhone Xにも搭載しているカメラですね。

続いて広角カメラです。この広角カメラはどのiPhoneにも搭載された馴染み深いものです。

そして最後が超広角。ものすごく広いことがわかります。

3つのカメラの画像を重ねて画角の違いを比較

スポンサーリンク

上で紹介した3つの画像を重ねてみると画角(撮影できる範囲)の違いがわかりやすいです。

iPhone 11 Proでは従来の広角カメラを「1.0倍」とし、望遠は「2.0倍」そして超広角は「0.5倍」という表現をしています。

こう見ると超広角の広がりはもちろんなのですが、望遠があの範囲にグッと寄って光学の手ぶれ補正もあるので、かなりキレイに撮れていることがわかります。

超広角は扱いが難しいけど多くの可能性を秘めたカメラ

超広角のカメラは普段なかなか撮り慣れていない画角で撮影できます。

そのため、正直扱いが難しいです。

ただこれが定番化することで、写真の撮り方すら変わってくるはずです。正直、僕はまだ使いこなせていませんが、日常的に超広角で撮るようにしていろいろ試していきます。

関連記事