有料化後もGoogleフォトを引き続き使い続けると決めた理由

2021年6月1日からGoogleフォトは有料化に移行すると発表されました。

この発表がされてから僕は毎日のようにGoogleフォトを有料化するか、それともiCloudのデータ容量を増やしてiCloudに写真を全て移行するか迷ってきました。

この記事ではいろいろ迷った挙句、Googleフォトを引き続き使って必要に応じてGoogleに課金することに決めた理由を書いていきます。

Googleフォトが有料化の概要

スポンサーリンク

冒頭でも触れた通り、Googleは2021年6月からGoogleフォトを含むGoogleのストレージサービスを有料化すると発表しました。

これによって2021年6月以降は無料でアップロードできるデータは15GBが上限で、それ以上アップロードしたい場合は有料となります。

ちなみにそれ以前にアップロードされた動画や写真はカウントされません。

上限に達した場合は下記の追加料金を払う必要があります。

  • 100GB:250円
  • 200GB:380円
  • 2TB:1,300円
  • 10TB:13,000円
  • 20TB:26,000円
  • 30TB:39,000円

ちなみに1年分をまとめて払うと2ヶ月お得になります。例えば2TBの場合、毎月払うと年間で15,600円のところ、まとめて払うと13,000円です。

オンラインに写真を集約させたい理由

スポンサーリンク

今回どうしてGoogleフォトをそのまま運用し、iCloudに移行しなかったのか?について書いていく前に、まず僕がオンラインに写真を集約させたい、一元管理したい理由について書いていきます。

その理由の大きな割合を占めているのが「自分が撮った全ての写真をどの端末でも見れるようにしたい」です。

それと同時に写真や動画を日付で検索したり、時には被写体や場所で検索できることも魅力的です。

そう考えた時、Googleフォトは最適なサービスだったのですが、有料化すると言うことで別の道を探していました。その候補がAppleの提供するiCloud写真でした。

現状の写真や動画の枚数や使用状況

2020年11月現在、僕はGoogleフォトに2001年から撮りためた55,000枚写真と動画が保存しています。

そしてそれと同じだけの写真や動画が、Macの写真アプリとLightroomに保存されています。ちなみに2016年以降の写真と動画約18000枚は「写真アプリ」、それ以前の37,000枚の写真と動画はLightroomに保存されています。

データサイズは写真アプリのなかに220GB、Lightroomには350GB、合計で570GBの写真と動画がありました。2001年から写真と動画なので、「20年」のデータサイズはそれなりです。

ちなみにこれら全ての写真と動画がGoogleフォトに上がっていますが、ダウンロードしようとしたら150GB弱でした。Googleフォトは写真をリサイズしたり最適化されてるとは言え、だいぶ小さくなっています。

あとGoogleフォトが「最適化された画像」になっているのでRawデータがカウントされていないのかもしれません。

Googleフォトを引き続き続けると決めた理由

では、どうしてiCloudに移行しないで、Googleフォトを引き続き続けようと思ったのか。その理由を書いていきます。

Googleフォトは移行作業がないから

当たり前と言えば当たり前なのですが、Googleフォトはこれまでも使ってきたサービスなので、移行作業がありません。

僕は試しに写真アプリに入っている220GBの写真や動画をiCloudにアップロードしました。もちろんそのためにiCloudのストレージサイズも2TBにアップグレードしました。

その結果アップロードするのに結構時間がかかりました。しかもこの後詳細は書きますが、いろいろな処理で何日も時間を費やすことになりました。

ただそれで終わったわけではありません。僕は570GBのデータのうち220GBをアップしただけなので、さらに350GBの写真をアップロードする必要があります。

その膨大な時間を考えたことが移行作業を進めるべきか、それともGoogleを引き続き使うのか考える大きな理由になりました。

Googleフォトはクラウドで処理してくれる

今回、iCloudに写真をアップロードするとき、僕は意図せず「Macストレージを最適化」を選んでしまいました。

「Macストレージの最適化」と言うのは、Mac上のデータサイズを小さくすることでストレージの容量をセーブする機能です。

その代わりオリジナルの写真や動画はiCloudにアップして、Macには低解像度のものを保存することでデータサイズを小さくします。

この設定をオンにするとMacは写真をアップロード→低解像度の写真を作成→オリジナルを削除→と言う作業を行います。

僕の場合、17000枚の写真と動画があったので、その作業をMacは17000回行う事になりました。

その結果、2日以上MacのCPUはフル回転で最適化作業を行いました。Macのファンはずっと回り続け、キーボードは熱くなり、全体の処理速度が遅くなるので仕事に支障すら出始めました。

のちに「ストレージサイズを最適化」を選んでいたから、CPUがフル回転していると分かって設定をオフに。すると今度は最適化したストレージを元に戻すために、小さくした写真を削除→オリジナルをダウンロードを繰り返し、再びCPUがフル回転になってしまいました。

そしてそれが終わったかと思ったら今度は「人物」などをインデックスするために写真はずっと休まずに作業しています。その間もCPUは高負荷の状態です。

Macストレージの最適化を選んだのは僕のミスなのですが、それについては文句を言いません。

ただこのことで学んだことがあります。それは

「写真」アプリはローカルで作業をするので、Macのマシンパワーを食う。しかもMacもアプリも起動していなければいけない。

ところがGoogleフォトは一回アップロードしてしまえば、あとは寝ている間もずっとクラウドで、Macに負担をかけずに作業してくれる。

これって最高。

と言うことです。これは意外と大きな違いです。

検索機能が充実しているのはGoogleフォト

GoogleフォトとAppleの写真。どちらも人物や撮影場所、被写体などで検索をすることができます。

ではどちらの機能の方がが優れているか?と言ったら、厳密に比べるのは難しいのですが、一つ一つ作り込まれているのはGoogleフォトだと思います。

あえてGoogleフォトにできずAppleの写真アプリでできることを挙げるとしたら、それは「Liveフォト」を絞り込んで表示させることができることくらいです。

料金的にもGoogleの方が圧倒的に安い

最後に料金的なことも考えてみました。これがAppleのiCloudとGoogleの料金です。

iCloudGoogle
50GB130円
100GB250円
200GB400円380円
2TB1,300円1,300円
10TB13,000円

Googleは年間料金もあるのですが、ここでは比較に入れません。ちなみにGoogleの年間料金は10ヶ月分払うと1年間使えます。つまり2ヶ月分お得です。

これだけみると一見、GoogleもAppleも料金が同じに見えます。でも、実際に支払う金額を考えると、実はAppleの方が5年で約5倍も支払わなければ行けません。

試算するとわかるGoogleの安さ

どうしてGoogleの方が安いのか。試算してみます。
2021年6月1日からAppleとGoogleに課金して行った時の支払う金額を比較してみましょう。

ちなみに料金を出すときこんな条件で料金を算出しました。

Appleは

  • 過去の全ての写真・動画(570GB)をアップロードしたいので2021年6月から「2TB」プランを月額1300円支払う。

Googleは

  • これまでの写真を6月1日以前に全てアップロード
  • 2021年6月以降は無料枠の15GBを使い切るまでは無料プラン
  • 15GB使い切ったら「100GB」プランに変更。月額250円支払う。
  • 100GBプランを使い切ったら「200GB」プランに変更。月額380円払う。
  • 200GBプランを使い切ったら「2TB」プランに変更。月額1,300円払う

さらに別の要素として

  • アップロードは月に2.5GB(半年で15GB)とする
    ※Googleの試算で僕が15GB使い切るのは9ヶ月といわれたので、それを参考にしました。
  • 将来的にアップロードする画像サイズはアップしないと仮定
  • 将来的に料金が変わらないと仮定
  • Googleの年間割引は話がややこしくなるので無視する

以上の条件のもと、10年先まで料金を割り出しました。

AppleGoogle
1年目15,600円1,500円
2年目31,200円4,500円
3年目46,800円7,500円
4年目62,400円11,540年
5年目78,000円16,100円
10年156,000円76,620円

もう10年後はどうなっているか分からないので、考えてもしょうがないとして、ここ3年の料金を考えると結構大きな違いであることがわかります。

注意点:GoogleとAppleのプライバシーに対する考え方の違い

一つだけ知っておきたいのは、Appleはプライバシーを非常に意識した企業なので、アップロードした写真をApple側で見たり、「ビックデータ」として何かに利用したりすることはありません。

ところがGoogleは個人の写真1枚1枚を見たりはしませんが、「ビックデータ」としてユーザーの写真や動画を利用します。撮影場所や時間帯、カメラの種類、どんな被写体がどんなものなのか、などなど。

さらに顔認証や被写体の識別などユーザーの協力を得ながら精度を上げています。だからこそGoogleは検索精度が高いのです。

そう言ったことをどう捉えるか、ビックデータとは言えGoogleにデータを渡したくないのか、それともあまり気にしないのか、その辺は「良い悪い」では判断できないことです。

まとめ:データ移行と検索機能が大きな決め手

と言うことであれこれ長々と書いてきましたが、Googleフォtを引き続き使うと決めた大きな理由はデータ移行と検索機能の違いです。

データ移行はこれまで撮りためた写真が多ければ多いほど大変です。
僕の場合、55,000枚の写真と動画を全てiCloudにアップするのは時間も手間もかかりすぎると判断しました。

またこれまで撮った写真をiCloudにアップするときにパソコンが重くなりすぎるのは大問題だと感じました。

そして頑張ってアップロードしたとしても、写真や動画を探しやすいのはGoogleフォトでした。

と言うことで僕はGoogleフォトを引き続き続けることにしました。

関連記事