電池の保ちにも影響!?プッシュ通知とフェッチ通知の違いって何?

iPhoneやiPadのメールアプリなどを設定していると「プッシュ(またはプッシュ通知)」と「フェッチ(またはフェッチ通知)」という言葉が出てきます。

この2つの設定をきちんと理解しておくと、その人にあったタイミングでメールを受信できるのはもちろん、iPhoneやiPadの電池の減りを抑えることができるかもしれません。

この記事では「プッシュ通知」と「フェッチ通知」、2つの違いを紹介します。

プッシュ通知とは?

スポンサーリンク

「プッシュ通知」は、送信者がメールを送るのと同時に受信者にメールが届き、メールが届いたことをiPhoneやiPadの通知センターに表示されることができます。

具体的な例を挙げると、LineやFacebookなどのメッセージは相手がメッセージを送るのと同時に通知が来ます。それがプッシュ通知です。メールのプッシュ通知というのは同じことを指します。

プッシュ通知のメリット

プッシュ通知は送られてきたメールをすぐに受信することが最大のメリットです。

プッシュ通知のデメリット

プッシュ通知は常に「受信状態」「待機状態」のため、電池の消耗がフェッチ通知より早い傾向にあります。

フェッチ通知って何?

スポンサーリンク

フェッチ通知の「フェッチ」は英語で書くと「fetch」と綴ります。意味は「取ってくる」です。

iPhoneやiPadに最初から入っているメールアプリの場合、「フェッチ通知」はプッシュ通知と違って「15分おき」「30分おき」「1時間おき」「手動」の4種類から受信の間隔を選ぶことができます。

フェッチ通知のメリット

プッシュ通知と違い電池の消耗が少ないのと、メールが受信と同時に送られてくるのではなく、ある程度自分でコントロールできるので、そこにメリットを感じる人もいます。

フェッチ通知のデメリット

送られてきたメールをすぐに受信しないため、タイムラグがあります。急を要するメールが多い人や、メールはすぐに返信したい人にとってはデメリットになります。

プッシュ通知とフェッチ通知どっちが良い?

プッシュ通知とフェッチ通知の2つ。どちらが良いのでしょうか。

メリット・デメリットを考えると一概に「こっちが良い」とはいい切ることはできません。

「フェッチはバッテリーの減りが激しい」と言われますが、もともとそう言われていたはだいぶ前。今だったらゲームを15分して消耗するバッテリーの量より、フェッチを1日使うバッテリーの方が減りは少ないはずです。

つまり「バッテリーの消耗」で選ぶよりも

  • メールが送られてきて、即受け取りたいか
  • メールを自分のタイミングで受け取りたいか

このどちらを好むか?で選ぶことをお勧めします。

 

関連記事