iPhoneの懐中電灯(ライト)の明るさを変える方法

iPhoneのライト(懐中電灯)機能。最初は「こんなの使わないよ」と思いました。

でも、あればあったで意外と使うものでした。
少し前に、大活躍したのは夜遅い時間にテレビの裏にゴキブリがサッと入ったのを見かけたときでした。家族総出でiPhoneのライトを照らして場所を特定、そしてスプレーをかけて退治しました。

昔だったら「懐中電灯持ってきて!」「え?懐中電灯どこにあるの?」「タンスの上!」といったバタバタが起こりそうなものです。でも、今はiPhoneがあるのですぐに照らすことができます。

なんだかよくわからない余談から始まってしまいましたが、iPhoneのLEDライトは明るさが調節ができるって知ってましたか?

iPhoneの懐中電灯の明るさを調節する方法

スポンサーリンク

iPhoneの懐中電灯(LEDライト)の明るさを調節するには、コントロールセンターを使います。

懐中電灯の強弱を変える方法

コントロールセンターを表示させた後、懐中電灯のアイコンを長押し。すると、見慣れない画面が表示されます。ここで上下にスライドさせると明るさを調節できます。

明るさは一番下が「切る」で上にスライドさせるほど明るくなります。また懐中電灯のアイコンをただ押したときの明るさが、一番暗い状態と同じです。

iPhone X以降のユーザーは知っておきたいこと

スポンサーリンク

iPhone Xの場合、ロックスクリーンで懐中電灯のアイコンを長押しすると、懐中電灯を点灯させることができますが、ロックスクリーンで点灯させた懐中電灯は明るさを変えることはできません。

明るさを変えたい場合は、コントロールセンターから懐中電灯を起動させましょう。

関連記事