Touch IDとTouch IDどっちが良い?状況ごとに考えてみた

iPhoneやiPadにはロックを解除する手段としてパスコード以外にFace IDとTouch IDという生態認証を採用しています。

この2つの生態認証。どっちが良いのでしょうか。
この記事ではTouch IDとFace IDの2つの違いと、状況(シチュエーション)別にどっちが良いのか考えてみました。

今後iPhone SEを買うのか、それともiPhone 11やiPhone 11 Proを買うのか迷っている方の参考になれば幸いです。

Touch IDとFace ID何が違う?

スポンサーリンク

まず「そもそも」なのですが、Touch IDとFace IDはどんなことが違うのでしょうか。

Touch IDとFace IDを一言で説明すると

要するに「指紋で認証」か「顔で認証」の違いと言うことです。

Touch IDとFace IDどっちが良い?

スポンサーリンク

それではさまざまな環境・用途でどちらが優れているのかチェックしてみたいと思います。

マスク着用で使えるのはTouch ID

新型コロナウイルスの影響で、日本だけでなく世界中でマスクを着用する人が増えました。そうなってくると不便になるのがFace IDです。マスクを着用していると顔認証が通りません。

また逆に見直されるのがTouch IDです。それもあってiPhone SE 第2世代は爆発的に売れました。

医療従事者や、通勤中にマスクを付けていてスマホをよく使う人、花粉症で鼻炎になる期間が長い人はFace IDよりTouch IDのほうが利便性は高いかもしれません。

水仕事が多い・手が汚れることが多いならFace ID

手が濡れていたり、手が汚れた状況だとTouch IDは反応しません。
そのため、手が濡れる機会が多い人、手が汚れる機会が多い仕事に就いている人はTouch IDよりFace IDのほうが断然便利です。

手荒れが酷い人はFace ID

水仕事を日々して手荒れが酷い人や、普段から乾燥肌で手がカサカサしている人、あかぎれになってしまう人はTouch IDで認証されないことが多いです。

と言うのも、その手の乾燥やあかぎれは日々刻々と変わるため、指を登録しても次の日、3日後には解除できなくなってしまうことがあるからです。

そのためそういった方にはFace IDがお勧めです。

セキュリティーを考慮するならFace ID

Touch IDとFace ID。どちらも完璧なシステムではありません。
どちらも本気で解除しようと思えば、解除する方法はいろいろあります。

例えばTouch IDは指紋の型を取れば簡単にロックを解除できるし、Face IDは眼鏡に細工をするだけでロックを解除できるそうです。

もちろんどちらも素人が思いつきでやるにはなかなか難しいかもしれません。

では、一般の人が日常生活のなかで使うレベルで考えると、どちらが安全か?で考えるとFace IDのほうがセキュリティーは高いです。Apple曰くFace IDはTouch IDより20倍安全らしいです。

Touch IDは寝ている間に指をタッチするだけで解除できますが、Face IDは目を瞑っていると解除できません。

ただ双子がいる方に限っていうとTouch IDのほうがセキュリティーは高いかもしれません。似ている双子はFace IDでロックを解除できるらしいので。

使用環境を選ばないのはTouch ID

Face IDはiPhoneなどの端末と顔の角度の相性が悪かったり、マスクや何か顔に覆いがあるだけでロックの解除ができません。

また他の人の顔が近くても解除できなかったりします。

それを「セキュリティーが高い」と考えることもできますが、使っている環境を選ぶという考え方もできます。

そういう意味で指さえ当てれば認証が解除できるTouch IDは優れているとも言えます。

まとめ:結局どっちが良い?

Touch IDとFace ID、どちらが優れているか?と言うのは、それぞれ一長一短です。

Touch IDとFace IDが搭載されている端末は本体の大きさやディスプレイの大きさ、さらに機能が違うためTouch IDとFace ID以外の機能と総合的に判断する必要があります。

ここではTouch IDとFace IDの違いを知ってもらうことで、その総合的な判断のお手伝いができれば幸いです。

個人的には将来的にTouch IDとFace IDが両方搭載したモデル、もしくはFace IDの苦手なところ(マスクをすると認証されないなど)が改善された新しいタイプの認証が搭載されることに期待します。

関連記事