FaceTime でアクティベート中にエラーが出て先に進まない時の対処方法

スポンサーリンク

先日、娘のiPhoneでFaceTimeを使えるようにしようとしたところ、アクティベートができずに手間取りました。

そこで今回はFaceTimeがうまくアクティベートできないときの対処方法を紹介します。

もしFaceTimeにうまく繋がらないときは「FaceTimeが繋がらないときに試したいこと」を試してみてください。

FaceTimeでアクティベーションがうまくいかない

FaceTimeのアクティベーションができないときは、こんなメッセージが出てきます。

FaceTimeをアクティベートできないときの解決方法

我が家で遭遇したのは「アクティベート中です」と出たっきり先へ進まないというものでした。

スポンサーリンク

それ以外にも

  • アクティベートできませんでした
  • アクティベーション中にエラーが起きました。
  • サインインできませんでした。ネットワーク接続を確認して、やり直してください

といったメッセージが出ることもあるそうです。

インターネットに繋がっているか確かめる

まずチェックしたいのはインターネットに繋がっているかどうか?です。

「そんなの当たり前」と思いがちなんですけど、意外とインターネットが落ちていたり、機内モードの設定になっていることがあります。

SafariやChromeなどのブラウザで適当なページを表示させて、もし表示されない場合はインターネットに繋がっていないということです。

FaceTimeなどAppleのサービスが落ちていないか調べる

スポンサーリンク

FaceTimeやiCloudなどAppleのサービスが落ちているとFaceTimeのアクティベーションができないことがあります。

サービスが落ちているかどうかは「Apple – システム状況」で確認することができます。

Appleシステム状況 1

問題がある時は問題があるサービスの丸が黄色になり「問題」と書かれているので、すぐにわかるはずです。

もしFaceTimeが落ちていたらFaceTimeは使えません。他にもApple IDが落ちていてもFaceTimeのアクティベーションができません。

そんな時は時間を開けて試してみましょう。

FaceTimeを一度オフにして再起動する

次に試したいのはFaceTimeをいったんオフにして端末を再起動することです。
この方法でFaceTimeのアクティベーションがうまくいくことが多いです。

iPhone・iPadで行う場合

スポンサーリンク

FaceTimeに繋がらないときの対処方法。FaceTimeをオフにオンオフしてみる

手順は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてFaceTimeをタップ
  3. FaceTimeオフ
  4. iPhone・iPadを再起動させる
  5. FaceTimeを再びオン

Macで行う場合

  1. FaceTimeを開く
  2. 画面左上のメニューバーのFaceTimeをクリック
  3. FaceTimeをオフにするをクリック
  4. 自分が写っている映像の左側にあるオンにするをクリック

対策3:OSを最新版にする

iOSやiPadOS、macOSのバグでFaceTimeのアクティベートがうまく行っていない可能性もあります。

もしOSを最新にアップデートしていない場合はアップデートしてあげましょう。

iPhone・iPadの場合

スポンサーリンク

アップデートの手順は

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェアアップデートをタップ

もし最新版のiOSになっていない場合は、アップデートを促す画面が出てきますので画面の指示に従ってアップデートしましょう。

Macの場合

  1. 画面左上のAppleロゴをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. ソフトウェアアップデートをクリック

あとはアップデートがあれば画面の指示に従って行いましょう。

関連記事