FaceTime でアクティベート中にエラーが出て先に進まない時の対処方法

スポンサーリンク

先日、娘のiPadでFaceTimeを使えるようにしようとしたところ、アクティベートができずに手間取りました。

今回はそのときに学んだことをまとめました。FaceTimeをうまくアクティベートできないときの参考になればさいわいです。

もしFaceTimeにうまく繋がらないときは「FaceTimeが繋がらないときに試したいこと」も併せてご覧ください。

FaceTimeでアクティベーションがうまくいかない

FaceTimeのアクティベーションができないとき、こんなメッセージが出てくることがあります。

FaceTimeをアクティベートできないときの解決方法

あなたの電話番号またはメールアドレスを使って、ほかの人がFaceTime経由でお使いのすべてのデバイスに連絡できます。

アクティベート中です…

我が家で遭遇したのは「アクティベート中です」と出たっきり先へ進まないというものでした。

それ以外にも

スポンサーリンク

  • アクティベートできませんでした
  • アクティベーション中にエラーが起きました。
  • サインインできませんでした。ネットワーク接続を確認して、やり直してください

といったメッセージが出ることもあります。

インターネットに繋がっているか確かめる

まずチェックしたいのはインターネットに繋がっているかどうか?です。

「そんな基本的なこと」と思われがちな解決策かもしれません。でも意外とインターネットが落ちていたり、機内モードの設定になっていてインターネットに繋がっていない可能性があります。

SafariやChromeなどのブラウザで適当なページを表示させてみましょう。もし表示されない場合はインターネットに繋がっていないということです。

FaceTimeなどAppleのサービスが落ちていないか調べる

FaceTimeやiCloudなどAppleのサービスが落ちているとFaceTimeのアクティベーションができないことがあります。

サービスが落ちているかどうかは「Apple – システム状況」で確認することができます。

スポンサーリンク

Appleシステム状況 1

問題がある時は問題があるサービスの丸が黄色になり「問題」と書かれているので、すぐにわかるはずです。

もしFaceTimeが落ちていたらFaceTimeは使えません。他にもApple IDが落ちていてもFaceTimeのアクティベーションができません。

そんな時は時間を開けて試してみましょう。

FaceTimeを一度オフにして再起動する

次に試したいのはFaceTimeをいったんオフにして端末を再起動することです。
この方法でFaceTimeのアクティベーションがうまくいくことが多いです。

iPhone・iPadで行う場合

FaceTimeに繋がらないときの対処方法。FaceTimeをオフにオンオフしてみる

手順は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてFaceTimeをタップ
  3. FaceTimeオフ
  4. iPhone・iPadを再起動させる
  5. FaceTimeを再びオン

Macで行う場合

スポンサーリンク

  1. FaceTimeを開く
  2. 画面左上のメニューバーのFaceTimeをクリック
  3. FaceTimeをオフにするをクリック
  4. 自分が写っている映像の左側にあるオンにするをクリック

OSを最新版にする

iOSやiPadOS、macOSのバグでFaceTimeのアクティベートがうまく行っていない可能性もあります。

もしOSを最新にアップデートしていない場合はアップデートしてあげましょう。

iPhone・iPadの場合

アップデートの手順は

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェアアップデートをタップ

もし最新版のiOSになっていない場合は、アップデートを促す画面が出てきますので画面の指示に従ってアップデートしましょう。

Macの場合

スポンサーリンク

  1. 画面左上のAppleロゴをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. ソフトウェアアップデートをクリック

アップデートがあるときは画面の指示に従って行いましょう。

端末を再起動する

最後に試すことができるのはiPhone・iPad・Macを再起動してみましょう。
再起動は多くの問題を解決することができるので、今回の問題に限らずiPhone・iPad・Macなどの設定がうまくいかないときは再起動を試してみましょう。