iCloudのストレージを増やす方法。容量不足が一気に解消

スポンサー・リンク

iCloudの無料のストレージ容量は5GBです。

5GBといえば写真や動画のバックアップに使ったり、アプリの設定やアプリのデータが自動的にiCloudに保存され、気が付けば5GBなんてあっと言う間になくなってしまいます。

そこで「要らないファイルを消して5GBに納める」こともできますが、「容量を追加してしまう」という方法もあります。

iCloudは50GBか200GB、1TBを追加できる

スポンサーリンク

iCloudのストレージは「50GB」「200GB」か「1TB」追加できます。「1TB」というのはだいたい「1000GB」です。

お値段は以下の通りです。

  • 50GB … 130円
  • 200GB … 400円
  • 1TB … 1300円

ちなみにそれぞれ「月額」です。なので、1年間に換算するとこのようになります。

  • 50GB … 1,560円
  • 200GB … 4,800円
  • 1TB … 15,600円

使い方次第なんですけど、5GBから50GBでもけっこうな容量アップですね。個人的にはこれで十分です。しかも1年間で考えて1,560円は安いように思えます。

もし家族でiPhoneやiPad、Macを使っていて、家族同士でApple IDをヒモ付けしている場合は200GBと1TBは家族間で容量のシェアができるので、お得です。
※もちろんお互いのデータは見えません。

iCloudのストレージを増やす方法

スポンサーリンク

iCloudのストレージ容量を増やすには以下のように行います。

iPhone・iPadでiCloudのストレージを追加する方法

  1. 設定を開く
  2. Apple IDのアイコン周辺をタップ
  3. iCloudをタップ
  4. ストレージ管理をタップ
  5. ストレージプランを変更をタップ
  6. 好きなストレージサイズを選ぶ

以上で変更ができます。ストレージのサイズはすぐに反映されますが、不安な場合は上の4番のストレージ管理のところをみると容量が記載されています。そちらを確認しましょう。

MacでiCloudのストレージサイズを変更する方法

  1. 画面左上のアップルのロゴをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. iCloudをクリック
  4. 画面右下の管理をクリック
  5. 画面右上にあるストレージプランを変更をクリック
  6. 好きなストレージの容量を選ぶ。

あとは画面の指示に従って行くだけです。

関連記事