【問題解決】iPhone/iPadで写真を横向きで撮ったのに縦(もしくは逆)に撮れるときの対処法

【問題解決】iPhone/iPadで写真を横向きで撮ったのに縦(もしくは逆)に撮れるときの対処法

【iPhone X】ロック画面でカメラや懐中電灯が起動しない?そんな時の対処方法
iPhoneでロックスクリーンからカメラを起動させない方法はある?(iOS 11対応)
一部のiPhone 7 Plusでカメラの撮影時に画面が真っ暗になる不具合発生中

スポンサーリンク

iPhoneで料理の写真を撮って、あとで見直してみたら縦横逆!なんてことありませんか?

1枚だけならまだしもレストランでいっぱい撮った写真がことごとく縦横逆の写真だと、直す気力も失せてなんだかガッカリしてしまいますよね。

iPhoneのバグかな?とか「僕のiPhone壊れてるのかな」なんて思うかもしれませんが、そんなことありません。撮り方の問題なので、簡単に予防できる方法があるんです。その予防方法を知って写真を取れば、縦横逆の写真は一気に減りますよ。

やり方はすごく簡単なのでぜひ覚えておきましょう。

横向き写真が縦になってしまう現象を再現してみよう

さて、どうして横向きで撮った写真が縦になってしまうのでしょうか。
実はほとんどの人が「横向きで撮ったのに縦だった」となって、逆の「縦向きで撮ったのに横になってた」という人は少ないんです。

スポンサーリンク

まず知っておいてほしいのは横で撮ったはずなのに縦になっている写真のほとんどがテーブルの上にあるものを撮ろうとするなど、iPhoneの画面が上を向いた状態で写真を撮ろうとしています。

そこで今から書くことを読みながら、iPhoneで横向きの写真を撮ってみてください。この記事をiPhoneで読んでいる方は手順を覚えてからやってみてください。

  1. カメラを起動する
  2. カメラを縦向きにしたまま、自分の真下の写真を撮るようにカメラを下に向けます
  3. そのままカメラを90度回して、横向きの写真を撮ります。パシャ。
  4. 写真を見る

すると写真は縦向きで撮られていませんか?今「横向きで撮りたいのに縦向きの写真になってしまう」という現象を再現したんです。

では、もう一度同じことをしてみましょう。

  1. カメラを起動する
  2. カメラを縦向きにしたまま、自分の真下の写真を撮るようにカメラを下に向けます
  3. そのままカメラを90度回して、横向きにします。

ここで一旦ストップします。見てほしいのは撮影画面にある「HDR」の文字の向きです。

october_07__2016_at_1226am__3_

こんな風に横向きになっていませんか?これが「横向きに撮ったはずなのに、写真は縦だった」の原因です。実は、キチンと横向きで写真が撮れるときは「HDR」の文字も横向きなんです。(下の図参照)

スポンサーリンク

october_07__2016_at_1226am__1_

なので、この「HDR」が横向きのときは横向きで写真を撮っても、縦向きの写真になってしまいます。

予防方法とどうしてそんなことが起こるのか

では、どう予防するのか。

まずは写真を撮る時、HDRがどっち向きなのかチェックしましょう。
もしHDRの向きが違っているときは「横向きのまま、カメラを一回起こしてあげる」とHDRの向きが変わるはずです。

なぜそんなことが起こるのか。それはiPhoneの中には上下などを感知するセンサーが入っています。ところがそのセンサーは上で再現したようにiPhoneを動かすと上下の向きがよくわからなくなるようです。

なので、強引に感知させるために一旦カメラを起こしてあげると向きが正しくなるわけです。皆さんもお試しください。

スポンサーリンク

COMMENTS