iPhone・iPadの問題解決

iPhoneやiPadで写真を「横向き」で撮った写真が「縦」で撮れてしまうときの対処法(iPhone X以降にも対応)

スポンサーリンク

iPhoneで料理の写真を撮って、あとで見直してみたら縦横逆!なんてことありませんか?1枚だけならまだしも、いっぱい撮った写真がことごとく縦横逆の写真だと、直す気力も失せてガッカリしてしまいますよね。

そんなとき「iPhone壊れてない?」とか「iPhone使えない」なんて思うかもしれませんが、そんなことありません。

写真を撮って縦横がおかしくなるのは、撮り方の問題です。そのため簡単に防ぐことができるです。その予防方法を知って写真を撮れば、縦横逆の写真は一気に減りますよ。

やり方はすごく簡単なのでぜひ覚えておきましょう。

横向き写真が縦になってしまう現象を再現してみよう

さて、どうして横向きで撮った写真が縦になってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

実はほとんどの人が「横向きで撮ったのに縦向きになってた」となっているはずです。逆の「縦向きで撮ったのに横向きになってた」という人は少ないです。

まず知っておいてほしいのは、横で撮ったはずなのに縦になっている写真のほとんどがテーブルの上にあるものなど、iPhoneの画面が上を向いた状態、つまりカメラを下に向けた状態で写真を撮ろうとしています。

「どうして写真の向きが変になるのか?」を再現してみましょう。

今から書くことを読みながら、iPhoneで横向きの写真を撮ってみてください。この記事をiPhoneで読んでいる方は手順を覚えて、あとで試してみてください。

  1. カメラを縦向きで起動する
  2. カメラを縦向きにしたまま、自分の真下の足の写真を撮るようにカメラを下に向けます
  3. カメラを下に向けたままiPhoneを回して、横向きの写真を撮ります。パシャ。
  4. 写真を見る

するとiPhoneを横向きにしたはずなのに、写真は縦向きで撮れていませんか?今「横向きで撮りたいのに縦向きの写真になってしまう」という現象が再現できました。

では、もう一度同じことをしてみましょう。

  1. カメラを縦向きで起動する
  2. カメラを縦向きにしたまま、自分の真下の足の写真を撮るようにカメラを下に向けます
  3. カメラを下に向けたままiPhoneを回して、iPhoneを横向きにします。

ここで一旦ストップします。ここでiPhoneの画面を見てみましょう。チェックしたいポイントがいくつかあります。

スポンサーリンク

iOSやiPhoneの機種によって表示が違いますが、まずチェックしたいポイントは以下の通りです。

  • シャッターボタンの近くにあるカメラの向き
  • 「HDR」の文字の向き
  • ズームの倍率の数字の向き

例えば手元にあるiPhone 6 Plusで上の3つのポイントをチェックしてみました。

HDRもカメラのアイコンも反時計回りに90度回転していることがわかります。では、iPhone Xの場合はどうかというと

カメラのアイコンと撮影時の倍率を示す「1x」が反時計回りに90度回転していますね。

これらの写真はすべて「横向きで撮ったはずなのに縦向きの写真」になってしまいます。

もし写真の向きが正しく撮れる場合は以下のようになります。

iPhone 6 Plusの場合です。カメラのアイコンもHDRも向きがあっています。

スポンサーリンク

iPhone Xの場合も正しい方向を向いています。

予防方法とどうしてそんなことが起こるのか

では、どう予防すればいいのでしょうか。

まずは写真を撮る時は、シャッターボタン近くにあるカメラのアイコンかHDR、もしくは倍率の向きがどっち向きなのかチェックしましょう。

もし向きが違っているときは「横向きのまま、iPhoneを一回起こしてあげる」とカメラのアイコンの向きが変わるはずです。

なぜこれで直るのでしょうか。
それはiPhoneの中には上下などを感知するセンサーが入っています。ところがそのセンサーは上で再現したような動きでは、iPhoneはどっちが上でどちらが下なのかわからなくなってしまうんです。

そこで向きが変なときは、iPhoneが横向きであることを強制的に感知させるために一旦カメラを起こしてあげる必要が出てくるわけです。

皆さんもお試しください。

スポンサーリンク

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。