【iPhone・iPad】画面が自動ロックされるまでの時間を変える方法

この記事ではiPhoneやiPadが自動ロックするまでの時間を長くしたり、短くする方法を紹介します。

iPhoneやiPadは、操作しない時間が一定時間になると自動で画面をロックするように設定されています。

この機能を「自動ロック機能」といいます。
自動ロックまでの時間を「もう少し時間を長くしたい」と感じたり、逆にセキュリティーを考えて「短くしたい」と考えることもあります。

iPhone・iPadの自動ロック時間を変更する方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadが勝手に(自動に)ロックするまでの時間を変更するには以下の手順で設定を変えます。

iPhone・iPadが自動ロックされるまでの時間を変える方法
  1. 設定を開く
  2. 画面表示と明るさをタップ
  3. 自動ロックをタップ
  4. ロックされるまでの時間を選ぶ

自動ロックまでの時間はiPhoneの場合、

  • 30秒
  • 1分
  • 2分
  • 3分
  • 4分
  • 5分
  • なし

と設定することができます。

またiPadの自動ロックまでの時間は

  • 2分
  • 5分
  • 10分
  • 15分
  • なし

と全体的に長めの設定となっています。

僕の場合、普段iPhoneはロックまでの時間を2分に。iPadは10分で設定していますが、料理中レシピを見ながら作るときは「なし」に設定することもあります。

その時の用途・状況に合わせてこまめに変えてもいいのかもしれません。

関連記事