iPhone/iPadのパスコード。何回間違えても大丈夫?

iPhone/iPadのパスコード。何回間違えても大丈夫?

Apple Watch Editionや噂の新iPhoneの名前「iPhone 8 Edition」のEditionの意味
iPhone 8はL字型の特殊なバッテリーを搭載し、バッテリー容量を大幅アップか
やっと!?iOS 11でFaceTimeのグループビデオ通話が可能に!?

スポンサーリンク

iPhoneを開こうとしたら、「iPhoneを使用できません。1分後にやり直してください」というメッセージが出ていてビックリしたことありませんか?

子どもがiPhoneを触っていて、適当にパスコードを入れているうちにロックされてしまったり、ポケットやカバンのなかに入れていたら、なぜか誤動作してロックされたり。iPhoneも銀行のカードと同じで、一定時間のあいだに特定の回数間違えると、ロックされてしまいます。

iPhone/iPadは何回間違えるとロックされる?

iPhoneやiPadはロック画面でパスコードを一定回数以上間違えると、一定時間ロックされてしまいます。

まず最初6回連続で間違えると1分間ロックされ、何も操作できなくなります。その後、1回間違えるごとにロックされる時間は増え5分、15分、60分、そしてもう一度60分ロックされた後はiTunesに接続しなければロックは解除されなくなってしまいます。

  • 6回間違える … 1分ロック
  • 1回間違える … 5分ロック
  • 1回間違える … 15分ロック
  • 1回間違える … 60分ロック
  • 1回間違える … 60分ロック
  • 1回間違える … iTunesに繋がないとロックは解除されない

つまり記事のタイトル「パスコードは何回間違えても大丈夫?」の答えは「10回」ですね。

10回間違えるまではiTunesに接続しなくても、パスコードを間違えても11回目に正しいパスコードを入力できれば解除できますが、11回連続でパスコードを間違えてしまうとiTunesに繋げなければiPhone/iPadのロックを解除することはできません。

スポンサーリンク

ちなみに10回間違えるまでには最短でも、141分かかるということです。
その間パスコードがわからなければiPhoneのロックは解除出来ないし、最長で60分ものあいだすべての操作を行うことができなくなりますので、パスコードの管理だけはきちんと行うようにしましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS