iPhone/iPadの余計な予測変換を削除する方法

Touch IDで使う指紋の新規・追加登録・削除をする方法
【iOS 11】iPhone/iPadメッセージアプリでステッカーを削除する方法
iPhone/iPadでよく使う言葉や変換されない言葉を単語登録する方法

スポンサーリンク

iPhone/iPadの予測変換。
文章をすべて入力しなくても勝手に予測して変換候補をあげてくれるのは便利なんですけど、ミスタイプをした言葉や、意図しない恥ずかしい言葉に限ってすぐに覚えてしまいませんか?

そしてそんな言葉に限って、上司や取引先にメールを書いているとき、変換候補として上がってきます。

この変換候補を削除することはできないのでしょうか。

変換候補を消すのは簡単。ただし一括削除のみ

まず最初に触れておきたいのは、iOS 10.3現在、変換候補を個別に消すことはできません。
できるのは「一括削除のみ」です。今後、個別に消せるようになったときは別途記事として紹介していきます。

さて、iPhoneやiPadの変換候補を一括で消すのはすごく簡単です。
やり方さえ覚えてしまえば、一瞬で削除できますので覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まずは設定から一般をタップ。その後、画面の一番下にあるリセットをタップします。

すると、「すべての設定をリセット」や「ネットワーク設定をリセット」などありますが、今回はキーボードの変換学習をリセットをタップします。

最後にパスコードを聞かれるのでパスコードを入力後、辞書のリセットを押すだけ、変換候補として自動で学習した単語は削除されます。

ユーザーが登録した辞書は消えない

ちなみに上記の操作を行っても、ユーザーが登録した言葉は消えません。

「ユーザーが登録した言葉」というのは、例えば普通の変換では表示されない名前を登録したり、「いつも」と入れると、「いつもお世話になっております。中略」というメールの定型文を登録することをいいます。

スポンサーリンク

もしユーザー辞書に入っている言葉を消したい場合は、設定キーボードと選んでいきます。

そして、ユーザ辞書とタップしていき、削除したい単語左にスワイプすると削除することができます。

スポンサーリンク

COMMENTS