iPhone・iPadのパスコードのセキュリティーを更にアップして強固にする方法

その昔iPhoneやiPadのパスコードは4桁でした。それがセキュリティー面を考慮して、2015年にリリースされたiOS9からパスコードは4桁から6桁の数字に変わりました。

もともと4桁のパスコードは0から9999、つまり1万通りだったのが、6桁になったことで100倍の100万通りになりセキュリティーは大幅に向上されたわけなんですけど、実はそのパスワードのセキュリティーをもっと上げることができるんです。

この記事ではiPhone・iPadのパスコードのセキュリティーを今まで以上に上げる方法を紹介します。

パスコードのセキュリティーを向上させる方法

スポンサーリンク

パスコードのセキュリティーを向上させる方法を紹介する前に、現在iOS 12.1の時点で使えるパスコードの種類を紹介します。全部で4種類あります。

  • 4桁の数字を使ったパスコード
  • 6桁の数字を使ったパスコード
  • カスタムの数字を使ったパスコード
  • カスタムの英数字を使ったパスコード

最初の2つ「4桁の数字を使ったパスコード」と「6桁の数字を使ったパスコード」はよく知られていますが、「カスタムの数字を使ったパスコード」と「カスタムの英数字を使ったパスコード」はあまり知られていないかもしれません。

それら2つがどんなものか?というと。

カスタイムの数字を使ったパスコードというのは、桁数が4桁以上ならパスーオドを5桁でも6桁に10桁でも設定することが可能です。

そしてカスタムの英数字を使ったパスコードの場合は、大文字小文字を含むアルファベットと数字を使った桁数4桁以上のパスコードです。

カスタムの数字を使ったパスコードの場合、10桁で設定した場合「100億通り」、10桁の大文字小文字を含むアルファベットと数字の場合、62の10乗通り=84京通りとなるので、相当セキュリティーが高くなることがわかります。

パスコードの設定を変える方法

スポンサーリンク

パスコードの設定を変える方法は以下の通りです。

パスコードを6桁から4桁に変える方法 1/2

  1. 設定を開く
  2. Face IDとパスワード、またはTouch IDとパスワードをタップ
  3. パスコードを入力
  4. 下にスクロールして、パスコードを変更をタップ
  5. 古いパスコードを入力
    パスコードを変更する方法
  6. パスコードオプションをタップ
  7. カスタムの英数字コードカスタムの数字コード4桁の数字コードの中から選ぶ
  8. 新しいパスコードを2回入力

以上でパスコードの設定は変更されます。

複雑すぎは要注意

今回のやり方を行えば、パスコードのセキュリティーは上がりますが、パスコードを複雑にしすぎるのも要注意です。

というのも、iPhoneやiPadの解除をするときFace IDやTouch IDを使うことが多いので、普段あまりパスコードを使う機械はないかもしれませんが、それでも何かと使う機会はあります。

そのときパスコードが長く複雑すぎると面倒です。

個人的にはもしセキュリティーを上げたい場合は、数字3-4桁と小文字・大文字のアルファベット2-3文字程度に抑えておくことをお勧めします

関連記事