M1チップ搭載の新しいMacBook AirとMacBook Proの違いは何?

2020年11月11日、Appleは自社製のM1チップと呼ばれるチップを搭載した新しいMacBook AirとMacBook Proを発売しました。

今回発表された2つの機種。なんだか違いがわかりにくかったので、MacBook AirとMacBook Proの違いをまとめてみました。

これから買おうとしている人の参考になれば幸いです。

MacBook AirとMacBook Proの違いは何?

スポンサーリンク

まず初めにAppleが公表しているMacBook AirとMacBook Proの違いを項目ごとに分けて書き出してみました。

値段の違い

まず初めに価格です。この価格を見ながら、その価格差にあった機能差を見出せるかどうか決めていくのが良いと思います。

MacBook AirMacBook Pro
104,800円(120,813円)134,800円(148,280円)
129,800円(142,780円)154,800円(170,280円)

サイズ・重さの違い

AirPro
高さ0.41〜1.61 cm1.56 cm
30.41 cm30.41 cm
奥行き21.24 cm21.24 cm
重さ1.29 kg1.4 kg

サイズはMacBook Airの方が薄い部分と分厚い部分に差がある流線形をしています。一方、MacBook Proは厚みに違いがほとんどありません。

「一番分厚いところ」でいうと0.5 mmではありますがMacBook Proの方が薄いです。

また重さは110グラムだけMacBook Proの方が重たいです。

チップの違い

チップの違いはほとんどありません。
CPUは全て同じ「8コア」です。GPUのみMacBook Airの低価格モデルが「7コア」で、それ以外は全て「8コア」です。

熱効率の違い

MacBook Airは本体内部に放熱用のファンが搭載されていません。一方、MacBook Proは放熱を促すためのファンが搭載されています。

そのためMacBook Proの方が本体内部に熱がたまりにくく、より高いパフォーマンスを実現することができます。

逆を言うとMacBook Airはファンがないため、放熱の際に音を発することがなく静かです。

バッテリーの違い

バッテリーの持ちはMacBook Proの方が若干大きなバッテリーを搭載しているため長めです。

MacBook AirMacBook Pro
インターネット15時間17時間
ムービー視聴18時間20時間

また充電器がMacBook Proの方が高速の充電器を同梱しています。

AirPro
バッテリー49.9Wh58.2Wh
充電器(ACアダプタ)30W61W

ディスプレイ

ディスプレイサイズや解像度、表現できる色の数は同じです。

ただし輝度のみMacBook Proの方が明るく、MacBook Airは400ニト。MacBook Proは500ニトとなっています。

キーボード・トラックパッド

どちらのモデルも「バックライトMagic Keyboard」で同じではあるが、MacBook ProのみFnキーの代わりに「Touch Bar」を搭載している。

またトラックパッドはMacBook Proの方がひと回り大きい。

オーディオ

どちらのスピーカーも「ワイドなステレオサウンド」で「Dolby Atomosに対応」しているが、MacBook Proは「ハイダイナミックレンジステレオスピーカー」を搭載している。MacBook Airは「ステレオスピーカー」

またマイクの品質がMacBook Proの方が良い

両モデルで同じこと

ポート・拡張性

全てのモデルでThunderbolt / USB 4のポートを左側に2つ搭載。またヘッドフォンジャックが右側にあります。

ストレージ構成

MacBook Air、MacBook Proともにメモリは8GBが標準で16GBにアップグレード可能。ストレージは低価格モデルが256GBで高価格モデルが512GB。どちらもオプションでストレージサイズをアップグレードできる。

カメラ

カメラは両モデルともに720pのFaceTime HDカメラを搭載

そのほかで同じこと

それ以外で同じことは

  • Wi-Fi 6に対応
  • Bluetooth 5.0
  • 外部ディスプレイのサポート

などが挙げられます。

そのほか「わからない」こと

今回MacBook AirとMacBook AirをAppleのウェブサイトでわかる情報だけで比較しましたが、1つだけわからない、そしてそのわからない点が利用者にとって大きな違いになるかもしれないことがあります。

それは「性能の違い」です。

今回のMacBook AirとMacBook ProはCPUは全く同じ。GPUもMacBook Airの下位モデル以外同じです。

MacBook Proはファンを搭載しているため、放熱性に優れていることもあって、熱による性能低下はMacBook Airより低いと思います。

ではそれ以外全く同じなのでしょうか。
内部的に速度調整を行っている可能性はゼロではありません。あとはそれぞれのモデルが発売になってユーザーがベンチマーク(性能テスト)を行うことで明らかになります。

違いをまとめます

スポンサーリンク

最後に違いをざっくりとまとめます。

MacBook AirとMacBook Proの性能はカタログ上のデータだけを見るとかなり似ています。放熱用のファンの有無でどれだけ性能が違うのか、そのほか内部的な速度制限があるかないかで変わってきます。

それ以外の違いは

  • 本体の厚さと重さ(誤差の範囲)
  • Touch Barの有無
  • トラックパッドの大きさ
  • ディスプレイの明るさ
  • バッテリーの持ち時間
  • 付属する電源アダプタの充電速度
  • スピーカーとマイクの品質

くらいです。それ以外に大きな違いはなさそうです。

ほとんどの人がMacBook Airで十分

今回どちらが「買い」か?と言ったら、ほんとどの人がMacBook Airで問題ないと思います。

普通に写真や動画の編集、PhotoshopやIllustratorを使ってデザインをするのもMacBook Airで全く問題ありません。

では、MacBook Proを買った方が良い人は?と言うとデザインや動画編集、ゴリゴリのCGを使ったゲームをするなどMacに負荷がかかる作業をする人や、純粋に高機能を求める人ではないでしょうか。

僕が他人に「MacBook AirとMacBook Proどっちが良い?」と聞かれたら間違いなく「MacBook Air」を勧めます。

関連記事