【iPhone・iPad】Safariの新規タブの背景を変える・オフにする方法

スポンサーリンク

この記事ではiOS 15・iPadOS 15から変更になったSafariの新規タブで表示される背景の画像を変更する方法・オフにする方法を紹介します。

これまでSafariの背景は白でした。それがiOS 15・iPadOS 15から背景に画像を入れられるようになりました。

あらかじめ用意されたイラストを設定することもできますが、自分で録った写真も入れることができます。

Safariの背景画像を変更するための条件

まず初めに触れておくことがあります。

Safariの新規タブの背景を変更するためには、iOS 15・iPadOS 15以降か、Macの場合はmacOS Montereyか、Safariのバージョン15以降を使っている必要があります。

スポンサーリンク

Safariの背景画像を変更する方法

  1. Safariで新規タブを開く
  2. 画面一番下にスクロールし編集をタップ
  3. 背景イメージから好きな画像を選ぶか、左上のXを押したあとでをタップして「写真」アプリから画像を選ぶ

もし背景画像を無しにして白に戻したいときは、背景イメージをオフにしましょう。

iCloudで他の端末とも同期される

背景はiCloudで同期されるため、iPhoneでSafariの壁紙を変えるとiPadやMacのSafariも背景画像が同期されます。

その都度設定しなくて便利と考えることもできますが、iPhone・iPad、Macで背景の感じを変えたいと考えている方には「背景が同期される」というのは不便かもしれません。

タブグループごとに背景は変えられない

iOS 15・iPadOS 15、そしてMacの場合Safariのバージョン15から「タブグリープ」という機能が追加されました。

スポンサーリンク

この機能は以前の「ウィンドウ」とほぼ同じなのですが、iCloudで同期できるのとタブグループに名前を付けることができます。

それによって「仕事のタブグループ」や「旅行計画のタブグループ」と分けて管理することができます。

このタブグループごとに背景を変えることはできません。すべてのタブグループが同じ背景になります。

個人的には仕事のタブグループは背景を無しにしたシンプルなものに、旅行は旅行ムードを盛り上げるような写真にするなど分けることができたら楽しいのにと思いました。

関連記事