iPhone・iPadの問題解決

iPhone・iPadのバッテリーの減りが最近急に激しくなったときにチェックすること

スポンサーリンク

「なんだか最近バッテリーの減りが急に激しくなってきた」と感じることありませんか?

今まで寝る前のバッテリーが40%くらいあったのに、最近気が付くと寝る前のバッテリーが10%台になっていたり、時には途中で充電しないといけなくなったり。

そんなときにチェックしたい「急にバッテリーの消費が激しくなった原因」を探す方法を今回は紹介します。

設定の「バッテリー」を使いこなそう

iOSにはどのアプリがバッテリーを消費しているのか知るための機能が搭載されています。

この機能を使うと以下のことがわかります。

スポンサーリンク

  • 24時間以内/10日以内にバッテリーを消費しているアプリと割合・使用時間
  • 時間ごとのバッテリー残量
  • 時間ごとのアクティビティ(バッテリーの消費量)
  • アプリごとのバッテリーの消費量

特に「アプリごとのバッテリー消費量」は、どのアプリがバッテリーを食っているかひと目でわかるので重宝します。

アプリのバッテリー消費量を知る方法

アプリごとのバッテリー消費量を知るためには以下の操作を行います。

  1. 設定を開く
  2. バッテリーをタップ
  3. 画面を下にスクロール

するとApp毎のバッテリ使用状況という項目が出てきます。

上の例で言うと24時間でChromeが45%も消費していることがわかります。

「Chromeの電池の消耗が激しい」と誤解されないように書いておくと、このスクリーンショットを撮った日は、iPad Proの発売直後でiPhoneの使用時間が短く、その短い時間のほとんどをChromeでの調べ物に当てていました。

バッテリーを無駄に食っているアプリを探す

バッテリーを無駄に消費しているアプリが何か探すのに便利なのは、消費の割合(%)と使用時間を合わせてみることです。

使用時間を見るにはアプリの名前周辺をタップすると表示が切り替わります。

スポンサーリンク

この日、iPhoneを使った時間(画面オンの時間)は3時間25分で、そのうちChromeは1時間17分使っていたことがわかります。

他のアプリを見ていくとチェックインするアプリSwarmが合計54分も使ったことになっています。ところが実際行った操作は1分で、それ以外にバックグラウンド(背面処理)で53分も使っていることがわかります。

もしこれでバッテリーの消費が激しかったら、「自分は操作していないのにバッテリーが妙に減っている」原因となりますが、今回の件でいえばSwarmの電池消費は1%程度なので問題ありません。

ちなみにSwarmは「チェックインし忘れ」を教えてくれる機能があり、移動すると位置情報を読み取っているため、背面処理の時間が長いようです。

このように「使った記憶がない」または「思ったほど使っていない」のにバッテリーの消費が激しいアプリがいたら、そのアプリを削除したりバックグラウンドの処理をオフにすると急激なバッテリーの消耗は避けられるかもしれません。

バックグラウンドでアプリを動作させないようにするためには

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. Appのバッググラウンド更新をタップ
  4. オフにしたいアプリを探してオフにする

以上の操作を行うだけです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。