iPhoneやiPadをアップデートしたら充電ケーブルが使えなくなった!そんな時の対処方法

スポンサー・リンク

iPhoneやiPadをアップデートしたあと、今まで使えていた充電ケーブル(Lightningケーブル)が突然使えなくなってしまうことがあります。

この記事ではそんなときの対処方法を紹介します。

アップデートのあと充電ケーブルが使えなくなる原因

スポンサーリンク

ある日突然、Lightningケーブル(iPhone・iPadの充電ケーブル)が使えなくなってしまうことがあります。

「断線」が理由の場合もありますが、中には断線が理由ではないことがあります。

例えば、こんなメッセージが出て充電できなかったり、iTunesでバックアップが取れなくなったりします。

このケーブルまたはアクセサリは認定されていないため、このiPhoneで正常に動作しない可能性があります。

どうしてこのようなことになってしまうのでしょうか。

こういったメッセージが出るタイミングの多くが「iPhone・iPadのアップデートをしたあと」です。そして多くの場合、その使えなくなったケーブルはApple純正(Apple製)やApple認定のケーブルではないことが多いです。

詳しい理由はわかっていませんが、Apple純正やApple認定のケーブル以外を使っていると、iOSのアップデートのタイミングで使えなくなってしまうことがわかっています。

Apple認定のケーブルを見分ける方法

Apple純正やApple公認のケーブルは「MFi認証済みのケーブル」とよばれ、パッケージには必ずこういったロゴがプリントされています。

ちなみにこのロゴは2018年3月に一新されたもので、旧タイプのロゴにはiPhoneやiPadのイラストが書かれています。

Amazon.co.jpでも「Lightningケーブル MFi」と検索すると多数のケーブルが出てきます。

MFi認証済みのケーブルでもダメな場合も

スポンサーリンク

「MFi認証のケーブル」なら必ず使えるのか?というと、「ずっと大丈夫」というわけでもありません。

MFi認証されたケーブルを使っていても使っていくうちに充電ができなかったり、なかには「充電はできるのに、iTunesでiPhone(またはiPad)が認識されない」「バックアップを取れない」といったケースが発生します。

そういったときは断線の可能性もありますので、Apple純正のケーブルを使うか、最悪別のMFiのケーブルに変えると使えることがありますので試してみましょう。

関連するかもしれない記事

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告