iPhone・iPadの問題解決

iPhoneやiPadをアップデートしたら充電ケーブルが使えなくなった!そんな時の対処方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadをアップデートしたあと、今まで使えていた充電ケーブル(Lightning)が突然使えなくなってしまうことがあります。

この記事ではどうしてそんなことが起こってしまうのか?を紹介します。

アップデートのあと充電ケーブルが使えなくなる原因

「iPhone・iPadのアップデート後、充電ケーブルが使えなくなった」というとき、多くの場合そのケーブルはApple純正(Apple製)や、Apple認定のケーブルではないことが多いです。

もっとストレートな書き方をすると、100均のケーブルや数百円で買った安いケーブルではないでしょうか。

Appleは、Apple純正とApple認定のケーブル以外を使わせないようにするために、それ以外のケーブルをアップデートのタイミングで閉め出すことがあります。

スポンサーリンク

アップデートのタイミングで今まで使っていたケーブルが使えなくなるのは、そういった理由です。

Apple認定のケーブルを見分ける方法

Apple純正やApple公認のケーブルは「MFi認証済みのケーブル」とよばれ、パッケージには必ずこういったロゴがプリントされています。

ちなみにこのロゴは2018年3月に一新されたもので、旧タイプのロゴにはiPhoneやiPadのイラストが書かれています。

Amazon.co.jpでも「Lightningケーブル MFi」と検索すると多数のケーブルが出てきます。

MFi認証済みのケーブルでもダメな場合も

「MFi認証のケーブル」なら必ず使えるのか?というと、そうでもないことがあります。

ごく稀にMFi認証されたケーブルを使っているはずなのに、ずっと使って行くうちにあるとき急に使えなくなることがあります。

特に多いのは「充電はできるのに、iTunesでiPhone(またはiPad)が認識されない」「バックアップを取れない」といったケースが発生します。

スポンサーリンク

そういったときはApple純正のケーブルを使うか、最悪別のMFiのケーブルに変えると使えることがありますので試してみましょう。

合わせて読みたいこんな記事

 

スポンサーリンク

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。