【iPhone・iPad】Safariのキャッシュをクリア(削除)する方法。個別ページに対応

スポンサーリンク

この記事ではiPhoneやiPadでSafariのキャッシュをクリアする方法を紹介します。

日常生活の中でインターネットを使っていて「ブラウザのキャッシュ」を意識することは滅多にありません。

ところがブログやウェブサイトを運営する人やウェブデザイナーにとって、キャッシュのクリアは日常的に行う作業です。

ところがいざiPhoneやiPadのSafariでキャッシュのクリアをしようと思って探しても、Safariの中にはそんなメニューがどこにもありません。

Safari全体のキャッシュをクリアする方法

今回はSafari全体のキャッシュのクリアのやり方と、特定のページだけキャッシュを削除する方法の2つを紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは全体のキャッシュをクリアする方法です。

ちなみにSafariには「キャッシュだけをクリアする方法」はありません。キャッシュと同時に閲覧履歴、その他のブラウズデータが削除されてしまいます。これはそういう仕様なので、諦めるしかありません。

iPhoneやiPadで履歴、キャッシュ、Cookieを一括で削除するには

iOSのSafariでキャッシュを一括で削除する方法
  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてSafariをタップ
  3. ページ下の方にある履歴とWebサイトデータを消去をタップ
  4. 履歴とデータを消去をタップ

これでSafariのキャッシュや、Cookie、閲覧履歴などがすべて削除されます。

個別のページのキャッシュや閲覧履歴などを消去する方法

次はサイトごとに個別にキャッシュや閲覧履歴を消す方法です。途中までは先ほど紹介したSafari全体のキャッシュや閲覧履歴を消去するのと同じやり方です。

iPhone iPadのSafariのキャッシュをドメインごとに削除する方法
  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてSafariをタップ
  3. ページの一番下までスクロールして詳細をタップ
  4. Webサイトデータをタップ

スポンサーリンク

iPhone iPadのSafariのキャッシュをドメインごとに削除する方法
  1. 画面上の検索欄に消去したいページのアドレスを入力
  2. 該当するサイトがあったら、左にスワイプ
  3. 右に赤く削除と出るので、消して良ければタップ

以上で特定のサイトのキャッシュだけをクリアすることができます。

ウェブサイトやブログを作る人がスタイルシートなどをチェックするときなどに便利です。

関連記事