新しいiPhoneを買って、古いiPhoneを家族や友だちに譲る時にやっておきたいこと

新しいiPhoneを買って、古いiPhoneを家族や友だちに譲る時にやっておきたいこと

Sarahahのパスワードを忘れたときリセットする方法と変更方法
iCloudからサインアウトする方法(iOS 11対応)
iPhone/iPadを売る前・手放す前にやるべきこと

スポンサーリンク

新しくiPhoneを買ったら、古いiPhoneは家族や友だちに譲るという人多いですね。

そんなとき、古いiPhoneの写真やアドレス帳などの中身を消去して渡すだけでなくやっておきたいこといくつかあります。

データを消去する前に

iPhoneのデータを消去する前に、やっておきたいことがいくつかあります。

新しいiPhoneに不具合がないか様子見をしよう

新しく買ったiPhoneがまさかの不良品。。。なんてことが起こった時、古いiPhoneを手放していると大変なことになってしまいます。

最新機種の場合、Apple Storeや購入した販売店に持っていっても「在庫がない」という理由で、すぐには交換に応じてくれないかもしれません。実際、iPhone Xは「交換品を2週間待つか、返金」という対応だったそうです。

スポンサーリンク

そうするとどうなるか。不良品を使いながら替わりのiPhoneが入荷するのを待つか、場合によっては返金をしてiPhoneが手元にない状態になってしまいます。

また、仕事で使っているアプリや日常的に使っていて、なくなっては困るアプリがある方は、それらのアプリが新しいiPhoneでちゃんと動くか確認してから、手放しましょう。

iCloudからサインアウトしよう

iCloudにサインインしたまま、写真やアドレス帳、その他のデータをドンドン消していくと、その消した状態がiCloudに保存されてしまうことがあります。

そうならないためにも、データを消去する前にiCloudからサインアウトしましょう。

やり方は

  1. 設定を開く
  2. 一番上に表示されるあなたの名前をタップ
  3. 画面一番したにあるサインアウトをタップ
  4. 「iPhoneを探す」をオフにするために、Apple IDのパスワードを入力
  5. 「データのコピーをこのiPhoneに残しますか?」に答える。どのみちあとで全部消すのでどちらにチェックしてもOKです。
  6. 画面右上にあるサインアウトをタップ
  7. 「本当によろしいですか?」と聞いてくるのでサインアウトをタップ

これでiCloudからサインアウトできました。

データは全て消しましょう

iCloudからサインアウトできたら、あとはデータをすべて消すだけです。とはいっても手動でアプリを消したり、写真を消すのではなく、「リセット」と呼ばれる機能を使って一気に全消去します。

スポンサーリンク

データの全消去はいくつかやり方がありますが、ここではiPhoneを使ってやる方法を紹介します。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一般をタップ
  3. 画面一番下のリセットをタップ
  4. すべてのコンテンツと設定を消去をタップ
  5. あとは画面の指示に従って消去します

しばらくするとiPhoneのデータはすべて消去されます。データの消去が終わったことを確認して、家族や友人に譲りましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS