【AirTag】苦味剤が付いていないボタン電池はどれ?

スポンサーリンク

この記事ではAirTagのボタン電池を交換するとき「苦味剤が付いていないボタン電池」として何を買えば良いのか紹介します。

Appleが発売した忘れ物防止タグ「AirTag」のApple公式ウェブサイトには電池の交換方法として以下のような注意書きが記載されています。

苦味剤がコーティングしてあるCR2032電池は、コーティングと電池端子との位置関係によっては、AirTag やその他の電池式製品では使えない場合があります。

そもそも「苦味剤とは何か?」を知らない方も多いと思うので、その辺についても触れていきます。

ボタン電池に「苦味剤」をコーティングする理由

そもそも「ボタン電池に苦味剤がコーティングされる」こと自体知らない方も多いと思うので(僕自身知りませんでした)、なぜ苦味剤がコーティングされているのか解説していきます。

AirTagが使用しているボタン電池の企画CR2032を含め、ボタン電池を誤飲したことで起こる事故が毎年世界中で発生してします。

スポンサーリンク

そのためボタン電池の「誤飲防止」として「苦味剤」を表面にコーティングしてあるものがあります。

「苦味剤」をボタン電池の表面にコーティングさせることで、小さな子供が誤って口にしたときに、苦ければ吐き出す=飲み込まないからです。

AppleのAirTagは苦味剤コーティングの電池がつかえないかもしれない

ところがAppleのAirTagは「苦味剤でコーティングされたボタン電池は接続不良が起こるかもしれない」と正式に発表しています。

もちろんAirTagに最初から入っているボタン電池は苦味剤でコーティングされていません。

そのためMacRumorsによると、オーストラリアの一部の販売店では電池の交換が簡単なAirTagの販売を行わなかったり、同じくオーストラリアの消費者委員会はAirTagを子供の手の届かないところに置くよう注意喚起を行うなどしています。

苦味剤のコーティングされていないボタン電池はどれ?

AirTagで使用するボタン電池は「CR2032」という型番です。

スポンサーリンク

Amazon.co.jpで「CR2032」ボタン電池の商品概要を見たり、各メーカーの商品詳細のページを見ても「苦味剤」に関する記載はまったくありませんでした。

それではどうやって「苦味剤」のコーティングが行われていないボタン電池を購入すればいいのかわからず、メーカーに問い合わせてみました。

問い合わせを行ったメーカーは以下の通りです。

  • Panasonic
  • SONY
  • enevolt
  • マクセル

Amazon.co.jpで「CR2032」を検索すると、それ以外にも数社あるのですが今回は4社に絞りました。

苦味剤コーティングされていないCR2032は

各社問い合わせをしたところ、すべての企業から返信があり「苦味剤は使用していません」とのことでした。
※2021年8月7日現在の情報です。

Amazon.co.jpでボタン電池を検索すると、4社以外のボタン電池も販売していますが、とりあえず「Panasonic」「SONY」「enevolt」「マクセル」の4社のCR2032を購入すれば間違いなく「苦味剤のコーティング」は行われていません。

スポンサーリンク

関連記事