Appleのアカウント(Apple ID)を完全に消去する方法

この記事ではApple IDを完全に消去・削除する方法を紹介します。

自身がApple製品を使わなくなってアカウントを削除したい。または家族が亡くなって遺品処理の一貫としてアカウントを消去したいといった時の参考になれば幸いです。

Apple IDを完全に削除するとできなくなること

スポンサーリンク

まずはじめにApple IDのアカウントを削除すると、どうなるのか?について触れておきます。

  • iTunes Store、Apple Books、App Storeで購入したアイテムがなくなる
  • iCloudに保存されている写真、ビデオ、書類も完全に削除される
  • iMessage、FaceTime、iCloudメールの受信ができなくなる
  • Appleのサービスに関連したデータが完全に削除される。
  • アカウントを削除しても、修復またはApple Storeの注文はキャンセルされない
  • Apple Careで実施中のサービスも利用できなくなる

これ以外にもいくつかできなくなることがデータとプライバシー | Appleに掲載されていますので、必ずご確認ください。

Apple IDを完全に削除する方法

スポンサーリンク

それではApple IDを完全に削除する方法です。途中までは後戻りできますが、一旦アカウントを削除してしまうと、二度と戻らなくなりますので注意して操作しましょう。

Apple IDを完全に削除する方法 1/2

  1. データとプライバシー | Appleにアクセス
  2. Apple IDパスワードを入力
  3. 2ファクタ認証をする

Apple IDを完全に削除する方法 2/2

  1. 下にスクロールしてアカウントの削除をリクエストをタップ
  2. 下にスクロールして、削除する理由を選ぶ
  3. 次に進むをタップ

このあと画面の指示に従って操作を進めると、アカウント削除のリクエストは完了です。

Apple IDの消去以外にも「一時的に無効にする」という選択肢がある

この記事ではApple IDの完全な削除方法について紹介しましたが、他にも「アカウントを一時的に無効にする」という選択肢があります。

これは削除するのではなく、一時的にアカウントの操作を停止し、データへのアクセスを制限するというものです。

これによって上記の「完全に削除したらできなくなること」とほぼ同じ状態となりますが、アカウントは削除されていないため、再有効化を行えば再びアカウントを使うことができるようになります。

「完全に削除する」のか、それとも「再有効化することを考えて一時的に無効化する」のか、よく考えたほうが良さそうですね。

関連記事