FaceTimeをオフ・無効にする方法 iPhone・iPad・Mac

スポンサーリンク

この記事ではビデオ通話ツールのFaceTimeをオフにする・無効にする方法を紹介します。

FaceTimeで通話を行うためには相手の電話番号、またはApple IDで登録しているメールアドレスが必要です。逆をいえば相手の電話番号やApple IDで使っているメールアドレスがわかってしまえば、ビデオ通話をかけることができます。

中には「子どもに与えているiPhone・iPadだから使って欲しくない」や、そもそも「ビデオ通話は嫌い」という方はいきなり知人や友人からFaceTimeがかかってくることをよく思っていません。

そんなときは相手を拒否したり、着信を取らずに無視するのではなくFaceTime自体をオフにしてみてはいかがでしょうか。

方法1:FaceTimeをオフにする

1つ目の方法はFaceTimeをオフにする方法です。
この方法は自動的にApple IDや電話番号でFaceTimeにログインしないようにする設定です。

スポンサーリンク

そのためFaceTimeを開くと再びログインできます。
もし自分のiPhoneやiPad、MacでFaceTimeを使わないようにするのであれば、この方法でも問題ありませんが、子どもや他人に渡す端末の場合、再びオンにすることができます。

もしFaceTimeをオンにしたくない場合は、このあと紹介する方法を使った方が良いかもしれません。

iPhone・iPadでFaceTimeをオフにする方法

  1. 設定を開く
  2. 下にスクロールしてFaceTimeをタップ
  3. 画面下の方にあるFaceTimeオフにする

MacでFaceTimeをオフにする方法

  1. FaceTimeを開く
  2. 画面左上のメニューからFaceTimeをクリック
  3. FaceTimeをオフにするをクリック

方法2:FaceTimeを削除する

2つ目の方法は「FaceTimeを削除する」です。
当たり前の話ですが、FaceTimeを削除することで他の人からFaceTimeがかかってくることはありません。

スポンサーリンク

ただしこの方法はApp StoreでFaceTimeを再インストールできるので、その点の理解が必要です。

再インストールして欲しくない場合は、3番目の方法を使うか、アプリのインストールに制限をかけることをお勧めします。

アプリのインストール(ダウンロード)に制限をかける方法は別の記事で紹介していますので、その記事を参考にしてみてください。

その3:FaceTimeの利用に制限をかける

最後3つ目は「FaceTimeの利用に制限をかける」です。
「オフにする」のと似たように捉えられがちですが、「オフにする」のはログアウトしているだけなのに対して、「利用に制限をかける」場合はFaceTimeの存在自体をiPhone・iPad・Macから消すことができます。

FaceTimeに機能制限をかけた場合、FaceTimeはiPhone・iPad・Macで検索しても出てこず、App Storeで検索しても見つかりません。

iPhone・iPadでFaceTimeに制限をかける方法

iPhone・iPadでFaceTimeの利用に制限をかける方法は以下の通りです。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. コンテンツとプライバシーの制限をタップ
  1. コンテンツとプライバシーの制限オン
  2. すぐ下にある許可されたAppをタップ
  3. FaceTimeオフにする

MacでFaceTimeの利用に制限をかける方法

続いてMacでFaceTimeの利用に制限をかける方法です。

  1. 画面左上のAppleロゴをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. スクリーンタイムをクリック
  4. ウィンドウ左のサイドバーからコンテンツとプライバシーをクリック
  5. ウィンドウ右側上部のタブからAppをタップ
  6. FaceTimeのチェックを外す

関連記事