【iPhone・iPad】ロック画面で通知やウィジェットを表示させない方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadのロック画面はロックを解除しなくても、メールやメッセージを受信したときに内容が表示されて便利です。

ただ便利な一方で意図的に、または意図せず他人がメールやメッセージの内容を見てしまう可能性があるのも事実です。

特に仕事でiPhoneやiPadを使っている人にとって、機密情報が漏れてしまう可能性もゼロではありません。

そこで今回はロック画面に表示される通知やウィジェットの表示をオフにする方法を紹介します。

特定のアプリの通知をロック画面に表示させない方法

まずはじめにロック画面に特定のアプリの通知が来ないようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

ここではGmailの通知をオフにする方法を例に挙げています。

アプリの通知をオフにする方法
  1. 設定を開く
  2. 通知をタップ
  3. 下にスクロールし、Gmailをタップ
  4. ロック画面通知センターバナーの通知のいずれかをオフに。

もしGmailの通知をすべてオフにしたい場合は画面上部にある通知を許可オフにすると、通知は一切来なくなります。

ロック画面で通知の一覧やウィジェットをオフにする方法

それでは次にロック画面に表示される通知センターウィジェットなどが表示される今日の表示を表示させない方法を紹介します。

ロック画面で今日の表示や通知センターをオフにする方法
  1. 設定を開く
  2. Face IDとパスコードまたはFace IDとパスコードをタップ
  3. パスコードを入力
  4. 下にスクロールし、今日の表示通知センターを適宜オフに

ウィジェットをロック画面では非表示にするときは、今日の表示をオフにします。

この設定画面ではiPhoneがロックされている時に「メッセージの返信」や「不在着信にかけ直す」といったこともオフにすることができます。

スポンサーリンク

iPhoneを置いたまま席を立っている間に、メッセージを返信したり、勝手に不在着信に折り返し電話されては困ることもあるので、ロック中は使えないようにしておくことをお勧めします。

関連記事