iPhone/iPadのバックアップをiTunesやFinderで取れないときの対処方法

iPhoneやiPadのバックアップを取る方法は2種類あります。
1つはiTunesやFinderを使ってMacやPCにバックアップを取る方法。もう1つはiCloudを使ってインターネット上にバックアップを取る方法です。

今回はiTunesやFinderを使ってiPhoneやiPadのバックアップを取ろうとして、うまくバックアップできなかったときの対処方法を紹介します。

注意:macOS Catalinaからの変更点

スポンサーリンク

2019年10月にリリースされたmacOS CatalinaからiTunesが廃止され、iPhoneやiPadのバックアップはFinderを使って行うようになりました。

とはいえ今までと行って来たことはほぼ変わっていません。

iTunes/FinderのバックアップとiCloudのバックアップ。どう違うの?

スポンサーリンク

まず始めにiTunes(またはFinder)と、iCloudを使ったバックアップの違いを簡単に触れておきます。

iTunes・FinderのバックアップはiPhoneやiPadのデータをまるごとバックアップしてくれます。そのためバックアップデータを使って復元すると、完全に以前と同じ環境に戻すことができます。

その代わりバックアップは基本的に手動(Wi-Fiを使ったバックアップもありますが)で行わなければなりません。

一方、iCloudを使ったバックアップはオンラインに繋がっている環境なら常に最新のバックアップが取られますが、バックアップされるデータがすべてではありません。

また復元する際、すべてのデータをオンラインからダウンロードしますので復元に時間がかかります。

詳しい違いは下記の記事を参考にしてみてください。

iTunes・Finderでバックアップが取れないときに考えられる原因

では、そんなiTunes・Finderで取るバックアップとiCloudで取るバックアップの違いはさておき、iTunes・Finderでバックアップを取ることができないときの原因を見ていきましょう。

原因その1:パソコンの空き容量は足りていますか?

iPhoneやiPadのバックアップはパソコンのハードディスク(ストレージ)をかなり食います。動画をたくさん撮ったり、データサイズが大きいゲームを幾つも入れている人だと平気で30GB、50GBになります。

さらにiPhoneだけでなくiPadを持っていたら、必要なストレージは倍です。

また意図せずバックアップファイルが複数にある場合もあります。

つまりバックアップを取るときはそれだけの空き容量がパソコンになければいけません。

そのためバックアップを始めてから「このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、〇〇をバックアップできませんでした」といったエラーとともにバックアップを取れないことがよくあります。

そんなときは不要なデータを削除して、パソコン側に空き容量を作るか、iPhoneやiPadの不要なアプリや動画ファイルを削除して、バックアップするファイルのサイズを小さくする必要があります。

原因その2:iTunesは最新版ですか?

Windowsを使っていたり、macOS Catalinaにアップデートしていない場合、そのお使いのiTunes。最新版を使っていますか?

古いバージョンのiTunesを使っていると、バックアップを取れないことがあります。

特にiPhoneやiPadのiOSをはアップデートしても、iTunesのアップデートを行っていないことが多く、その場合iTunesを最新版にする必要があります。

なので、iTunesが最新版かどうか確かめてください。

Windowsの場合は、iTunesのメニューバーにあるヘルプ更新プログラムを確認の順番でクリックして最新のiTunesをインストールします。

Macの場合は画面左上にあるAppleマークをクリック▶App Storeを選ぶと、App Storeが起動するので、iTunesをアップデートしましょう。

原因その3:次に試したいのは端末の再起動

その次に試したいのはiPhoneやiPad、それとお使いのパソコンの再起動です。

今回のようなバックアップが取れない場合だけでなく、多くのiPhoneやiPad、パソコンの問題は再起動をすることで直りますので、試してみましょう。

iPhoneやiPadの再起動のやり方は、電源ボタンを長押ししして、いったん終了させた後、再び電源を入れます。

原因その4:LightningケーブルやUSBポートを疑う

iTunesへのバックアップが上手くいかない理由の1つとして、LightningケーブルやUSBポートの問題が挙げられます。

Lightningケーブルは普段問題なく充電できても、バックアップを初めとしたデータ通信が取れなくなることがあります。

この原因は「断線」であったり、iOSの仕様でApple純正のLightningケーブル以外で「充電はうまくできるけど、バックアップがうまく取れない」製品があります。

そのためバックアップをうまく取れないときは別のLightningケーブルを試してみましょう。手元にApple純正のUSB-Lightningケーブルがあれば、それが一番良いのですが、もしない場合は他のメーカーのケーブルも試してみましょう。

Amazon.co.jpでLightningケーブルを見る

それとLightningケーブルに問題はなくても、パソコンのUSBポートがうまく動作していない可能性もゼロではありません。その場合は別のUSBポートにLightningケーブルを挿して試してみましょう。

原因その5:古いバックアップデータを削除、または移動する

バックアップを失敗する理由の1つとして、既存のバックアップが何かしらの悪さをして新しいバックアップを取れないことがあります。

またバックアップの途中でエラーが起こり、バックアップファイルが破損すると、新しくバックアップを取れなくなってしまうことがあります。

そんなときはバックアップしてあるファイルを削除、または移動することで問題が解決することがあります。

個人的にはいきなり削除するのではなく、いったん別の場所に移動して、問題なくバックアップが取れたのを確認した後、古いバックアップを削除することをお勧めします。

Windowsで過去のバックアップを探す方法

Windowsで過去のバックアップを探す方法は

  1. iTunesを開く
  2. メニューにある編集から設定をクリック
  3. デバイスを選ぶと過去に取ったバックアップの一覧が出てきます。

Macで過去のバックアップを探す方法

Macの場合で過去のバックアップを探す時、macOS Catalinaの場合は以下の通りです。

iTunesで過去のiPhone・iPadのバックアップを探す方法

  1. iTunesを開く
  2. 画面右上のメニューからiTunes環境設定をクリック
  3. デバイスをクリック

バックアップファイルのリストが表示されたら、バックアップを右クリックするとFinderで表示されます。

バックアップファイルを別のフォルダに移動させるか、削除してiTunesで改めてバックアップを取ってみてください。

macOS Catalinaの場合は、

  1. iPhone、またはiPadをMacに接続
  2. FinderのサイドバーからiPhone・iPadをクリック
  3. バックアップの項目の中にあるバックアップを管理をクリック
  4. ファイルを削除する場合は削除したいバックアップを選択して、バックアップを削除をクリック

関連記事