[iOS 12]新機能のスクリーンタイムをオフにする方法と注意点

スクリーンタイムは日々の生活の中でどのアプリが時間を膣いやしているのか、使用時間を計るなど便利な機能が搭載されていますが、「使わない」「オフにしたい」という声も耳にします。

そこでこの記事ではiOS 12で追加された新機能「スクリーンタイム」をオフにする方法と、オフにする際の注意点を紹介します。

スクリーンタイムってどんな機能?

スポンサーリンク

「そもそも」の話なんですけど、スクリーンタイムがどんな機能なのか、簡単に紹介します。

スクリーンタイムでは以下の管理ができます。

  • アプリの使用時間を記録。
    同じApple IDを使っている端末なら複数の端末の合計時間を表示させることも可能です。
  • アプリを使えない時間帯を設定
  • アプリを使用できる時間を「2時間まで」など制限
  • 上記の「アプリを使用できない時間帯」でも使えるアプリを指定
  • アプリの追加や削除、アプリ内課金の制限
  • その他コンテンツとプライバシーの制限

この中でも個人で使っていて目にするのは「アプリの使用時間」だと思います。

スクリーンタイムを無効(オフ)にする方法

スポンサーリンク

スクリーンタイムをオフにするのは非常に簡単です。わずか数ステップです。

  1. 設定を開く
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. 赤字のスクリーンタイムをオフにするをタップ

特に確認画面など無しでスクリーンタイムはオフになります。

スクリーンタイムをオフにするときに気を付けたいこと

スクリーンタイムをオフにすると、アプリの使用時間以外の機能もすべてオフになってしまいます。

個人で使っている分には、あまり問題ないかもしれませんが会社で貸し出しているiPhoneやiPadや、家族で子どもの使用に制限をかけているときは気を付けた方が良さそうです。

[box06 title=”あわせて読みたい”] [/box06]

関連記事