iPhone・iPadの問題解決

iPhone/iPadのApp Storeのアイコンが消えた時の探し方(iOS 12対応)

スポンサーリンク

iPhoneやiPadでアプリのダウンロードをしようと思ったら、App Storeがない!

そんな経験ありませんか?

App storeを消した記憶はないけど、見つからない。App Storeをもう一度ダウンロードしようにも、App Storeがなければアプリをダウンロードすることはできません。

そんな「まさかApp Storeのアイコンが消えるなんて」というときの対処方法を紹介します。

フォルダの中を探してみる

もしかしたら、App Storeを何かの拍子にどこかのフォルダに入れてしまったかもしれません。フォルダを1つ1つ開いて探してみましょう。

スポンサーリンク

そのとき、フォルダもホーム画面同様、複数ページあるかもしれませんので注意して探してください

フォルダウィンドウの下、真ん中に◯が2つ以上あるときは、フォルダが複数あるということなので、右にスワイプすると更にアプリが出てきます。

何かの拍子にアプリがフォルダに入ってしまった場合、意外とこういうところに入っています。

Spotlightで検索してみる

それでも見つけられないときはSpotlightで探してみましょう。Spotlightはロックを解除したホーム画面を適当に縦にスワイプすると表示されます。

Spotlightが表示されたら、appと入力するとアプリの候補が表示されました。

iOS 11以前はそのアプリがどこにあるのか、どのフォルダに入っているのか表示されましたが、iOS 11からは表示されません。

そのためもしApp Storeのアイコンが表示されたということは、どこかのフォルダに必ず入っているので根気よく探してみてください。もしくは毎回Spotlightを使ってアプリを探して起動させてください。

スポンサーリンク

App Storeの利用に制限がかかっている可能性

もしApp Storeが検索結果に表示されない場合は、App Storeの利用に制限がかかっているかもしれません。

iOS 11やそれ以前のバージョンの場合は「機能制限」という名前で。またiOS 12の場合は「スクリーンタイム」という名前でApp Storeの利用を制限することができます。

「機能制限」や「スクリーンタイム」の制限を使うと、子どもにiPhoneやiPadを渡す時や、企業が社員にiPhoneやiPadを渡す時に機能制限や閲覧制限をかけることができます。

iOS 11かそれ以前の場合は

機能制限は設定一般▶の順番でタップしていきます。

そして上のように機能制限がオンになっている場合、App Storeが表示されないよう制限がかかっている可能性があります。その場合はパスコードを入力して機能制限を管理する画面を表示させます。

もし、インストールオフになっている場合は、オンにすることでApp Storeのアイコンがホーム画面に戻ってきます。逆にインストールオンのままだったり、機能制限オフの場合は、App Storeは削除ができないアプリなので、どこかに必ずいるはずです。探してみましょう。

iOS 12の場合は

iOS 12の場合は以下の手順でApp Storeの利用に制限がかかっていないかチェックすることができます。

スポンサーリンク

  1. 設定を開く
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. コンテンツとプライバシーの制限をタップ
  1. iTunesおよびApp Storeでの購入をタップ
  2. インストールが許可しないになっていたらタップし、許可するに変更

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。