iPhone・iPadのApp Storeのアイコンが見つからない時の探し方(iOS・iPadOS 14対応)

iPhoneやiPadでアプリのダウンロードをしようと思ったら、App Storeがない!

そんな経験ありませんか?

App storeを消した記憶はないけど見つからない。App Storeをもう一度ダウンロードしようにも、App Storeがなければアプリをダウンロードすることはできません。

そんな「まさかApp Storeのアイコンがないなんて」というときの対処方法を紹介します。

iOS 14限定:Appライブラリで探す

スポンサーリンク

まず一つ目の方法はiOS 14を搭載したiPhone限定の探し方です。

iOS 14から「Appライブラリ」という機能が搭載されました。一言でAppライブラリが何か説明すると、アプリを自動的にカテゴリ分けしたフォルダに入れて分類したり、アプリを検索する機能です。

詳しくは以前紹介した記事を読んでいただけたら幸いです。

このAppライブラリを使ってアプリを検索すると、App Storeを見つけられ、尚且つ改めてアプリをホーム画面に配置し直すことが可能です。

  1. ホーム画面を表示
  2. ホーム画面を一番左にスワイプ
  3. Appライブラリが表示されるので、画面上の検索をタップ
  4. App Storeを検索

これでApp Storeが表示されたら、そのApp Storeのアイコンを長押しして動かすとホーム画面にApp Storeのアイコンが移動します。

あとは好きな位置にApp Storeを移動させてあげましょう。

フォルダの中を探してみる

スポンサーリンク

iOS 14のiPhone以外を使っている場合は、地道ではありますがApp Storeを手作業で探さなければいけません。

App Storeを何かの拍子にどこかのフォルダに入れてしまったかもしれません。フォルダを1つ1つ開いて探してみましょう。

フォルダもホーム画面同様、複数ページあるかもしれませんので注意して探してください

フォルダウィンドウの下、真ん中に◯が2つ以上あるときは、フォルダが複数あるということなので、右にスワイプすると更にアプリが出てきます。

何かの拍子にアプリがフォルダに入ってしまった場合、意外とこういうところに入っています。

Spotlightで検索してみる

それでも見つけられないときはSpotlightで探してみましょう。

Spotlightを表示させる方法 iPhone・iPad

Spotlightはロックを解除したホーム画面で、適当な位置を縦にスワイプすると表示されます。

Spotlightを使ってアプリを検索する方法 iPhone・iPad

Spotlightが表示されたら、appと入力するとアプリの候補が表示されます。

1つだけ残念なのは、Spotlightは上で紹介したAppライブラリと違って、App Storeを見つけられても、アプリを移動することができません。またApp Storeがどこにあるのか表示されません。

とはいえ、App Storeのアイコンが表示されたということは、どこかのフォルダに必ず入っているということです。あとは根気よく探すか、Spotlightで毎回App Storeを起動するか、iPhoneの場合はiOS 14にアップデートするかなど検討してみましょう。

どうしても見つけられないときはホーム画面のリセット

SpotlightでApp Storeがあるのはわかっても、どこにあるかわからない場合は、画面のレイアウトをリセットすることで見つけることができます。

ホーム画面のアプリの並びをリセットする方法
  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 画面の一番下にスクロールして、リセットをタップ
  4. ホーム画面のレイアウトをリセットをタップ
  5. 確認画面のホーム画面をリセットをタップ

ホーム画面のリセットするとアプリの並び変えが大変

ホーム画面をリセットする上で1つだけ知っておきたいことがあります。

それはホーム画面をリセットすると、そのあとアプリの並び替えをするのがけっこう大変です。「これを機にアプリの断捨離をしたり、配置換えをしたい」と思っている方にはお勧めしますが、何も考えずにやると再配置でかなりの時間を要します。(経験談)

注意しましょう。

App Storeの利用に制限がかかっているかも

もしSpotlightを使ってApp Storeを検索しても、検索結果に表示されない場合は、App Storeの利用に制限がかかっている可能性が高いです。

App Storeの利用制限はスクリーンタイムという機能でかけます。
もしお使いのiOSが11やそれ以前のバージョンの場合は機能制限という機能でした。

「スクリーンタイム」や「機能制限」というのは、管理者権限を持つ人が利用者に特定のアプリを使えなくしたり、特定の時間のみ使えるようにするなどの制限を掛けることができます。

iOS 13やiOS 12の場合

iOS 13やiOS 12の場合は以下の手順でApp Storeの利用に制限がかかっていないかチェックすることができます。

スクリーンタイムでアプリのインストールを制限する方法 その1
  1. 設定を開く
  2. スクリーンタイムをタップ
  3. コンテンツとプライバシーの制限をタップ
スクリーンタイムでアプリのインストールを制限する方法 その2
  1. iTunesおよびApp Storeでの購入をタップ
  2. インストールが許可しないになっていたらタップし、許可するに変更

iOS 11かそれ以前の場合は

機能制限でアプリのインストールを制限する方法 その1

iOS 11で確認する方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 機能制限をタップ
機能制限でアプリのインストールを制限する方法 その2
  1. 機能制限パスコードを求められた場合は入力
    注意:iPhoneやiPadのロックを解除するパスコードではありません
  2. インストールオフになっていたらオン

インストールオフの場合、App Storeはホーム画面に表示されませんが、オンにするとApp Storeが再び表示されます。

もし最初から機能制限のインストールオンになっている場合は、App Storeはホーム画面のどこかにいるので頑張って探してみましょう。

関連記事