AirDrop(エアドロップ)で相手が表示されないときの対処方法

AirDrop(エアドロップ)で相手が表示されないときの対処方法

iOS 11.2のコントロールセンターでWi-Fiをオフにすると出てくる「明日まで近くのWi-Fiとの接続を解除します」っていったいどういう意味?
macOSの再インストールで「復旧サーバに接続できませんでした」とエラーが出たときの対処方法
【問題解決】iPhone/iPadでWi-Fiに繋がらないときに試したい6つのこと(iOS12対応)

スポンサーリンク

iOSやMac間で気軽にファイル交換ができるAirDrop。
家族や友人と写真を送りあったり、iPhoneからMacにデータを移したり、使い始めると何かと重宝する機能です。

ところが、いざAirDropを使おうとすると相手が表示されないことがあります。

今回はそんなときにどうすればいいのか、確認すべきポイントを紹介します。

Wi-FiとBluetoothはオンですか?

AirDropを使うにはWi-FiとBluetoothの両方がオンになっていなければなりません。

iPhoneやiPadの場合は、コントロールセンターから。Macの場合は画面上のメニューバーからWi-FiとBluetoothをオンにしましょう。

スポンサーリンク

もちろん機内モードオンの場合はオフにしましょう。
iOS 11から機内モード時はWi-Fiはオンのまま(それ以前のiOSはオフになります)ですが、Bluetoothがオフになりますので、AirDropは使うことができません。

インターネット共有はオフですか?

iPhoneは「インターネット共有(テザリング)」を行っていると、AirDropを使うことができません。必ずオフにしましょう。

インターネット共有をオフにするには設定インターネット共有インターネット共有オフにします。

AirDropが両方の端末でオンになっていますか?

AirDropを使ったファイル交換を行うには、ファイルを送信する側、そして受け取る側どちらもAirDropがオンになっていければいけません。

iPhoneやiPadの場合、いくつかオンにする方法があります。

iPhone/iPadでAirDropをオンにする方法 その1

まずはコントロールセンターからオンにする方法です。

スポンサーリンク

コントロールセンターからオンにする場合は、コントロールセンターを表示させたのち、Wi-Fiや機内モードがある辺りを長押し

その後、左下にあるAirDropオン(青の状態)にします。このとき受信しない連作先のみすべての人と3つの選択肢があります。

連絡先に登録されている人とファイルのやり取りを行うときは連作先のみでもOKです。ただAirDropがうまく表示されていないときは、とりあえずすべての人にすることをお勧めします。

iPhone/iPadでAirDropをオンにする方法 その2

もう1つのやり方は設定から行う方法です。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. AirDropをタップ
  4. すべての人をタップ

MacでAirDropをオンにする方法

MacでAirDropをオンにするには、FinderサイドバーからAirDropを選択。このMacを検出可能な相手全員、もしくは連絡先のみにします。

スポンサーリンク

もしサイドバーが表示されていない場合は、画面上のメニューバーから表示サイドバーを表示を選ぶか、ショートカットでCommand+Option+Sでサイドバーが表示されます。

受信側の画面はオンですか?

AirDropは受信側がiPhooneやiPadの場合、画面がオンになっている必要があります。受信する側は画面をオンにして待機しましょう。

Macの場合はスリープ状態だと送信側が検出することができません。必ずスリープを解除しましょう。

それでも駄目なら再起動をかけてみましょう

上記の項目を確かめた上で、それでもAirDropがうまくできないときは、iPhoneやiPad、Macを再起動してみましょう。

スポンサーリンク

COMMENTS