Apple Pencilが使えない・反応しない時の直し方。チェックするべきポイント

この記事ではApple Pencilで何か書こうと思ったら反応しない、何も書けない、そんな時どうすればいいのか対処方法・直し方を紹介します。

Apple Pencilにはボタンやランプなどがないため、どうして使えないのかわかりにくいので、解決の参考になれば幸いです。

Apple Pencilが使えない・書けない時の直し方。チェック項目

スポンサーリンク

お使いのiPadはApple Pencilに対応していますか?

Apple Pencilは全てのiPadに使えるわけではありません。お使いのiPadでApple Pencilが使えるか確認しましょう。

もし自分が使っているiPadがわからない場合は下記の記事を参照してみてください。

Apple Pencil 第2世代

Apple Pencilの第2世代の特徴はペンの素材がマット(艶消し)な素材で、転がらないようにペンの一部が平らになっています。

Apple Pencil 第2世代に対応のiPadは

  • iPad Pro 12.9インチ 第3世代と第4世代
  • iPad Pro 11インチ 第1世代と第2世代
created by Rinker
Apple(アップル)
¥15,286 (2020/09/23 20:34:19時点 Amazon調べ-詳細)

Apple Pencil 第1世代

Apple Pencilの第1世代の特徴はペンがツヤツヤとしています。またペンの後ろに銀色のリングがあり、キャップを取り外すことができます。

Apple Pencil 第1世代に対応するiPadは

  • iPad Air 第3世代
  • iPad mini 第5世代
  • iPad 第6世代と第7世代
  • iPad Pro 12.9インチ 第1世代と第2世代
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
created by Rinker
Apple(アップル)
¥11,390 (2020/09/23 10:45:12時点 Amazon調べ-詳細)

ペン先はきちんと付いていますか?

Apple Pencilはペン先を取り換えることができます。もしペン先がきちんと刺さっていないと書くことができません。

Apple Pencilが使えない時はApple Pencilのペン先を回してペン先がきちんとついているか確認しましょう。

新しいペン先にしてみる

もし換えのペン先がある場合は新しいペン先にして、使えるかどうか試してみましょう。

新しいペン先を持っていない場合は、この後紹介する方法を全て試しても解決せず、さらに問題がApple Pencilにありそうな時は替え芯を買ってみるのも一つの解決策です。

ちなみに新しいペン先にする時はApple純正のものを使うことをお勧めします。
サードパーティー(Apple以外が出す製品)の場合、そのペン先が使えないだけでペン自体が使えるかどうか確かめることができません。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥2,312 (2020/09/23 20:34:20時点 Amazon調べ-詳細)

Apple Pencilとペアリングされていますか?

Apple Pencilのようなペン(スタイラスペンといいます)は、購入後特に設定をしなくても使えるタイプと、iPhoneやiPadと接続の設定(ペアリング)を行わなければいけないタイプがあります。

Apple Pencilはペアリングが必要なスタイラスペンです。

もしApple PencilをiPadにペアリングしていない場合は、iPadとペアリングさせてあげましょう。

Apple Pencil 第2世代とペアリングする方法

Apple Pencil 第2世代とiPadをペアリングするにはiPad Proの側面にある磁気コネクタにApple Pencilを付けるだけです。

するとApple Pencilが画面に表示されペアリングが完了します。

Apple Pencil 第1世代をペアリングさせる方法

Apple Pencil 第1世代はキャップを取り外すと中からiPhoneやiPadの充電でお馴染みのLightning端子が出てきます。

  1. Apple PencilをiPadのLightningコネクタに挿し込む
  2. iPadの画面にBluetoothペアリングの要求と出てくる
  3. ペアリングをタップ

以上でペアリングは完了です。

Apple Pencilとのペアリングをやり直す

Apple PencilとiPadがペアリングされているのにApple Pencilが使えない時は、一度ペアリングを解除して、もう一度ペアリングをやり直すと繋がることがあります。

ペアリングの解除方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. Bluetoothをタップ
  3. ペアリングを解除したいApple Pencilのをタップ
  4. このデバイスの登録を解除をタップ

以上でペアリングが解除されますので、再びApple PencilとiPadのペアリングをやってみてください。

iPadを再起動する

iPadとApple Pencilのペアリングをやり直しても繋がらない時は、iPadを再起動してみましょう。

iPad側の問題でBluetooth機器とうまく繋がらなくなっているなどApple Pencilが繋がらない原因が解消されるかもしれません。

iPadの再起動後はApple Pencil 第1世代はペアリングが解除されますので、一度ペアリングをしてあげる必要があります。

少し長めに充電する

iPhoneやiPad、Apple Watch、さらにApple Pencilなどリチウムイオン電池が搭載された電子機器はしばらく使っていない状態が続いて、バッテリーが完全にゼロになってしまうと充電を始めてもすぐには起動しないことがあります。

そんな時は少し長めに充電をして、その後改めてペアリングをしてみてみましょう。

少し長めがどのくらい長めか?は一概に言えませんが、iPhoneで完全に電池が放電されてしまった時は、起動するまで3-4時間充電しなければいけなかったことがありました。

Apple Pencilの電池は小さいのでそこまでする必要はないかもしれませんが、1-2時間充電しておいてもいいのかもしれません。

保護フィルムを換えたばかりですか?

もし保護フィルムを変えたばかりの場合、保護フィルムが原因でApple Pencilが使えなくなっているという可能性もゼロではありません。

もし保護フィルムを換える前は使えて、換えた後から使えなくなった場合は保護フィルムを剥がして使ってみるのも一つの解決策です。

ただこれは「剥がしても結局使えず、フィルムを買いなおさないといけない」というパターンに陥ることもあるので、上で紹介したことを一通り試してみて、それでも解決しない時にフィルムを剥がしてみましょう。

それでも使えない時は

スポンサーリンク

これまでに紹介した方法を試してみてもApple Pencilが使えない時は、「使えない理由がApple Pencilにあるのか、それともiPadにあるのか問題の切り分けをしてみるといいかもしれません。

その方法は別のiPadでApple Pencilを使ってみるか、逆に別のApple Pencilを使ってみるというものです。

これによってもし別のiPadでApple Pencilを使って、Apple Pencilが使える場合、問題はiPadにあったということになります。逆に別のApple Pencilを使って問題なく使えたら、それはApple Pencil側に問題があることになります。

関連記事