Apple Watchのアプリを強制終了させる方法

Apple Watchを使っていてアプリが固まってしまった。アプリを読み込む画面になって、そのまま動かない。そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

そんな問題を解決するのが「アプリの強制終了」です。

ここではApple Watchのアプリを強制終了させる方法を紹介します。

Apple Watchのアプリを強制終了させる方法

スポンサーリンク

Apple Watchのアプリを強制終了させるには以下の操作を行います。

  1. 強制終了させたいアプリを開く
  2. サイドボタン(下のボタン)を約3秒間長押しする
  3. 電源オフメディカルID緊急SOSが表示される
  4. デジタルクラウン(上のボタン)を長押しする
  5. 画面がホーム画面に戻り終了

以上でアプリの強制終了はお終いです。

それでも解決しないときは

スポンサーリンク

アプリの強制終了でも問題が解決しないときは、アプリを一度アンインストール(削除)して、もう一度入れ直してみることをオススメします。

アプリのアンインストールのやり方はいくつかありますので、やり方がわからない方は下記の記事を参考にしてみてください。

Apple Watchからアプリをアンインストール(削除)する方法

それでも問題が解決しないときは、アプリもしくはwatchOSの不具合の可能性もあります。アプリ、もしくはwatchOSのアップデートを待つか、サポートに問い合わせをして見るようにしましょう。

 

関連記事