iPhone/iPadのSafariが重くなった時にやっておきたいこと

iPhone/iPadのSafariが重くなった時にやっておきたいこと

iPhoneで「Congratulations APPLE User!」というメッセージが出てしまうときの消し方
iPhone/iPadのSafariで間違って閉じたタブを元に戻す方法
iPhone/iPadのSafariやChromeで閲覧履歴や検索履歴を残さない方法(iOS 11対応)

スポンサーリンク

iPhoneのSafariでインターネットをしていて、前よりも動作が遅くなったなと感じることありませんか?

以前はサクサク動いていたのに、なんだか最近サクサク感が前よりも少なく、もったりしているように感じることがあります。

そんなiPhoneやiPadのSafariが重くなった時に試してみたい改善策をいくつか紹介します。

対策1:Safariを終了させる

一番手っ取り早い対策は「Safariを終了させる」です。

iPhoneやiPadのアプリはその画面を閉じたり、別のアプリに移動してもバックグラウンドで常に動作、または待機しています。そこでアプリをただ閉じるのではなく、終了させ再び起動することで問題が解決することがあります。

スポンサーリンク

やり方は簡単です。iPhone Xのみやり方が違いますのでご注意ください。

iPhone X以外でアプリを終了させる方法

ホームボタンが搭載されているiPhoneやiPadの場合、アプリは以下のようにすると終了させることができます。

  1. ホームボタンを2回タップ
  2. アプリの一覧が表示されたら、アプリ(今回はSafari)を上にスワイプ

これでSafariは終了されます。

iPhone Xでアプリを終了させる方法

では、ホームボタンが搭載されていないiPhone Xの場合はどうやってアプリを終了させればいいのでしょうか。

  1. ロックを解除した画面で、画面下に表示される黒または白いバーを画面の真ん中くらいまでスワイプ
  2. アプリの一覧が表示されます。
  3. 一覧のアプリのうちどれか1つを長押しする
  4. 各アプリの左上に赤丸に白いマイナスが表示されるので、終了させたいアプリの赤丸をタップするか上にスワイプする
  5. 終了させたいときはどこか適当にタップすれば終了します

対策2:iPhone/iPadを再起動する

パソコンの調子が悪くなったとき、パソコンを再起動すると元に戻ることがありますね。それと同じでiPhoneやiPadを再起動させると、重かったSafariが元に戻ることもあります。

対策3:不要なタブは全部閉じよう

一番初めに試したいのはSafariの不要なタブを閉じることです。
インターネットをしていると気が付けばタブが10個以上開いていることってよくありませんか?

タブが開きすぎるとメモリを占有し、動作がモッタリする原因になります。読み終えてもう読まないタブは閉じてしまいましょう。

スポンサーリンク

1ページずつタブを閉じるには

Safariを開いた状態で

  1. 右下のアイコンをタップ
  2. タブの一覧が出ますので、閉じたいタブのXをタップ

これで不要なタブを閉じることができます。Xをタップ以外にも閉じたいタブを左にスワイプしても、タブを閉じることができます。

すべてのタブを閉じるには

続いて開いているタブをすべて閉じる方法です。

  1. Safariを開いて画面右下のアイコンを長押し
  2. すべての◯個のタプを閉じるをタップ

たったこれだけです。

対策4:閲覧履歴やキャッシュ、Cookieを消去する

iPhoneやiPadのSafariに限らず、どのブラウザでも一度閲覧したページは次回からの表示を早くするためにウェブサイトのデータを保存しています。それをキャッシュと呼びます。このキャッシュが増えてくると、ブラウザは動作が遅くなったり、表示で問題が発生することがあります。

スポンサーリンク

そこでキャッシュの削除をすると解決することがあります。
ただし気を付けたいのが、Safariは「キャッシュだけ消去する」ことができません。一緒に閲覧履歴やCookieも消えてしまいます。

やり方は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. Safariをタップ
  3. 履歴とWebサイトデータを消去をタップ
  4. 履歴とデータを消去をタップ

スポンサーリンク

COMMENTS