Siriがまったく反応しない/応答しないときの対処方法

Siriがまったく反応しない/応答しないときの対処方法

iPhone/iPadのiOSをアップデートできない?そんな時の対処方法
iPhone/iPadをiTunesでバックアップ取れないときの対処方法
ホームボタンが無くなったiPhone Xを買ったら覚えたい「iPhone Xで変わった5つの操作」動画編

スポンサーリンク

いつものようにSiriを使おうとしたら、Siriが全く反応しなくなっていました。そんな経験ありませんか?

Siriは使えないと絶対に困る機能ではないものの、Siriを使うことになれてしまっているとやっぱり不便を感じてしまいます。

そこで今回はまったく反応しなくなったSiriを元に戻す方法を紹介します。

Siriがまったく反応しないとき

Siriがまったく反応しないときは以下のことを試してみましょう。

Siriをいったんオフにして再度オンにしてみる

まず試みたいのは「Siriをいったんオフにして再度オンにする」です。

スポンサーリンク

オフのやり方は設定Siri▶そして次の画面にあるSiriをチェックします。もしここがオフになっていたら、何かの拍子にオフにしてしまったのかもしれません。

もしオンになっていたら、いったんオフにしてからオンにしてみてください。

それでも直らないときは次の方法を試してみましょう。

iPhone/iPadを再起動する

Siriの機能をオン/オフして直らない場合は、iPhone/iPadを再起動してみましょう。

再起動はiPhone/iPadの電源を一旦落として、再び入れるだけです。

実はiPhoneやiPadの殆どの問題は再起動で直ります。

スポンサーリンク

再起動しても直らないときは故障を疑う

iPhone/iPadを再起動しても、Siriが反応しないときはマイクの故障を疑ってみましょう。

どうやってマイクが壊れているのか確認するのか?というと、簡単なのは誰かに電話をしてみることです。相手に自分の声が聞こえていなければiPhoneのマイクが壊れている可能性が高くなります。

Hey, Siriだけ反応しないとき

iPhoneやiPadに触れずにSiriを操作することができる「Hey, Siri」が反応しない時はこんなことをチェックしてみましょう。

iPhone 6s以前の機種やiPadの場合

まずiPhone 6s以前の機種やiPadの場合は、電源に接続されていないとHey Siriを使えません。Lightningケーブルが刺さっているか確認してみましょう。もし刺さっていて使えない場合は、ケーブルを違うものに変えてみると意外と直ります。

全機種でチェックしたいこと

Hey Siriの設定がオフになっている可能性があります。

チェックのやり方は設定SiriHey Siriを許可オンになっているか確認してみてください。もしすでにオンになっている場合は、いったんオフにして再度オンにしてみると直ることもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

COMMENTS