Siriが反応しない・応答しない・使えないときの対処方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadでSiriがまったく反応しなくなった、使えなくなってしまったときの対処方法を紹介します。

いつものようにSiriを使おうとしたら、Siriが全く反応しなくなった。そんな経験したことありませんか?

Siriは使えないと絶対に困る機能ではないものの、Siriを使うことに慣れているとやっぱり不便に感じてしまいます。

Siriがまったく反応しないとき

Siriがまったく反応しないときは以下のことを試してみましょう。

インターネットに繋がっていますか?

スポンサーリンク

2021年秋にリリースされるiOS 15・iPadOS 15「以外」を使っている場合、Siriはインターネット環境が必須です。

インターネットに繋がっているかどうか、確認してみましょう。

ちなみにオフラインでもSiriを実行できるiOS 15やiPadOS 15も実行するSiriの内容によってはインターネット環境が必要になります。

Siriをいったんオフにして再度オンにしてみる

2番目に試みたいのは「Siriをいったんオフにして再度オンにする」です。

Siriをいったんオフにして、オンにする方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてSiriと検索をタップ
  3. “Hey Siri”を聞き取るサイドボタンを押してSiriを使用ロック中にSiriを許可の3つをいったんオフにする
  4. すべてをオンに戻す

もし上記の3つの項目のうち、普段使わないものがある場合も一度全てをオフオンにして、Siriが使えるかどうか確認しましょう。

スポンサーリンク

そのあとで使わない機能はオフにすればいいと思います。

Siriの利用に制限がかかっていないか確認する

次に確認したいのは、Siriの利用に制限にかかっていないかどうか?です。iPhoneやiPadは一部の機能に対して利用の制限をかけることができます。

これによって子どもが課金をしたりアプリの購入を防いだり、企業の貸し出し端末で企業が意図しない操作を防ぐことが可能です。

確認する方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてスクリーンタイムをタップ
  3. コンテンツとプライバシーを制限をタップ

もし次の画面で

コンテンツとプライバシーの制限オフになっている場合はSiriの利用に制限がかかっていません。もしオンの場合はこの先に進みましょう。

スポンサーリンク

  1. 許可されたAppをタップ
  2. Siriと音声入力オフになっていたらオン

もし「スクリーンタイム」が見つからない場合は

もし「設定」をタップしたあと「スクリーンタイム」が表示されない場合は、下記の操作を試してみてください。
「スクリーンタイム」が出てこない原因はiOSのバージョンが少し古いからです。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. 機能制限をタップ
  4. Siriと音声入力オフになっていたらオン
    もしすでにオンになっていたり、タップできない場合は機能制限がかかっていないということです。

iPhone・iPadを再起動する

Siriの機能をオフ→オンしてもSiriが反応しないとき、iPhone/iPadを再起動してみましょう。

再起動はiPhone/iPadの電源を一旦落として、再び入れるだけです。

実はiPhoneやiPadのほとんどの問題は再起動で直ります。

マイクが壊れていないか確認する

スポンサーリンク

上記の確認事項を確認して、それでもSiriが反応しない場合は「マイクの故障」を疑ってみましょう。

マイクが壊れているかどうかを確認するには、iPhone・iPadに最初から入っているボイスメモを使って録音してみるのが簡単です。

もし普通に録音できる場合は、本体のマイクは壊れていないということです。もし録音できない場合は以下のことを試してみましょう。

  • マイク機能が付いたヘッドフォン・イヤホンを接続して、ボイスメモで再び録音する

もしこれで録音できたら、本体のマイクが壊れている可能性があります。これでも録音できない場合はiPhone・iPad本体のマイクではなく、システムで何かしら問題が発生している可能性があります。

Hey, Siriだけ反応しないとき

iPhoneやiPadに触れずにSiriを操作することができる「Hey, Siri」が反応しない時はこんなことをチェックしてみましょう。

iPhone 6s以前の機種やiPadの場合

スポンサーリンク

まずiPhone 6s以前のiPhoneや、一部のiPadは、電源に接続されていない状態ではHey Siriを使うことができません。

Lightningケーブルがささっている必要があります。もしささっていて使えない場合は、ケーブルを違うものに変えてみると意外と直ります。

Hey Siriに対応した端末はAppleのサポートページ「Hey Siriに対応したデバイス」に記載がありますので、そちらでご確認ください。

Hey Siriがオンになっているか確認する

Hey Siriが使えない時は、Hey Siriがオフになっている可能性があります。そんな時は以下の方法で確認してみましょう。

  1. 設定を開く
  2. Siriと検索、またはSiriをタップ
  3. “Hey Siriを聞き取る、または“Hey Siri”を許可オフになっていたらオン

違う言語になっていないか確認する

「Siri」の言語が日本語から他の言語に変わっていると、あなたがHey Siriと呼びかけても反応してくれないかもしれません。

スポンサーリンク

確認する方法は以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 少し下にスクロールしてSiriと検索をタップ
  3. 言語をタップ
  4. 日本語以外が選択されていたら日本語を探してタップ

あまり起こらないケースかもしれませんが、「可能性」を潰すためにもチェックしておきましょう。

それでも直らないときは故障を疑う

iPhone/iPadを再起動したり、上記の解決法を試してみてもSiriが反応しないときはApple StoreやAppleのサポートに相談してみましょう。

関連記事