iPhoneやiPadのウィジェットに「バッテリー」がない原因と解決方法

iPhoneやiPadのウィジェットに「バッテリー」がない原因と解決方法

iPhone/iPadで「SIRIからの提案」を非表示にする方法(iOS 11)
iPhone Xでバッテリー残量をパーセントで知る4つの方法
Bluetoothのヘッドフォンがつながらない時に試したいこと

スポンサーリンク

iPhoneやiPadでペアリングされているBluetooth機器の電池残量を見るのに便利なウィジェットの「バッテリー」

このウィジェットのバッテリは初期設定では表示されていないため、自分で追加しなければなりません。

ところがいざ追加しようとすると、追加項目の中にバッテリーがなく途方に暮れてしまう人がいます。はい、僕が先日その1人でした。

そこで今回はiPhoneやiPadでウィジェットにバッテリーを追加する方法を紹介します。

ウィジェットにバッテリーを追加する方法

まずはじめにiPhoneやiPadを使って、ウィジェットにバッテリーを追加する方法を紹介します。

スポンサーリンク

  1. ホーム画面を左から右にスワイプ
  2. ウィジェットの画面の一番下にある編集をタップ
  3. バッテリーの右にある+をタップ
  4. 画面右上の完了をタップ
  5. ウィジェットの一番下にバッテリーが追加されます

バッテリーのウィジェットが出てこないときの対処方法

実はこの「バッテリー」のウィジェットは、iPhoneやiPadがBluetoothのヘッドフォンやイヤホン、Apple Watchなどとペアリングしている状態でないと表示されません。

一度バッテリーのウィジェットを追加すると、それ以降はBluetooth機器が接続されていなくても常にバッテリーのウィジェットが表示されます。

スポンサーリンク

COMMENTS