子ども用やデモ機に最適!使用できるアプリを1つに固定する「アクセスガイド」の使い方

スポンサー・リンク

iPhone・iPadを子どもに渡したいとき、会社のデモ機(モック)として使いたいとき、使用できるアプリを1つに固定して余計な操作を防ぎたいと思ったことありませんか?

この記事ではそんなニーズに最適なアクセスガイドという機能を紹介します。

こんな経験ありませんか?

スポンサーリンク

iPhoneやiPadを子どもに使わせたり、会社のデモ機として使いたいとき、こんな経験をする人がいます。

例えばお子さんにiPhoneやiPadを一時的に使わせるとこんなことが起こります。

  • 子どもが「お絵かきアプリ」を使うと言って渡したのに、しばらくしたらゲームやYoutubeをしていた。
  • 子どもがアプリを使っているとき、メールやメッセージが来て勝手に開封してしまった。
  • 子どもがFacebookやLineに変なコメントをした

また会社で使うiPhoneやiPadの場合、一番多いのは「勝手に違うアプリを開かないで欲しい」ではないでしょうか。

こういったことを解決できるのが、開くアプリを1つに固定できる機能「アクセスガイド」です。

デモ機や子どもにiPhone・iPadを使わせるとき最適「アクセスガイド」

スポンサーリンク

iPhone・iPadにはアクセスガイドという機能が搭載されています。
普通にiPhoneやiPadを長年使っている人でも、使ったことがない機能かもしれませんが、使用用途によっては非常に便利な機能です

アクセスガイドでは以下のようなことが行えます。

  1. 使用できるアプリを1つに固定する
  2. 解除をするためにはパスコード、もしくはFace IDが必要
  3. サイドボタンやボリュームボタンの操作を許可・使用不可にできる
  4. キーボード操作の許可・使用不可の設定
  5. 時間制限を設定
  6. 操作できないエリアの設定

操作できないエリアを指定できるのが便利

アクセスガイドの便利なところは「操作できないエリア」を指定できることです。

どういうことか?というと、例えば子どもにアプリを使わせるとき、広告をタップして欲しくなかったり、他人にアプリを使わせるときに設定ボタンを押して欲しくなかったりしますよね。

そんなとき、アクセスガイドの設定画面を出す方法はこのあと紹介しますが、設定画面で「操作できないエリア」を指定することで、操作できないエリアをしていることができます。

操作できないエリアはマウスで絵を書くように指定できるので感覚的に操作ができ非常にわかりやすいです。

アクセスガイドの設定方法

アクセスガイドの設定は以下の手順で行います。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. アクセシビリティをタップ
  4. 一番下にスクロールし、アクセスガイドをタップ
  5. アクセスガイドオン

以上で、アクセスガイドを使えるようになります。

ちなみにアプリを起動した状態でサイドボタンを素早くトリプルクリックすると、アクセスガイドオンになります。

気を付けたいのはアクセスガイドに対応していない設定ホーム画面でサイドボタンをトリプルクリックしても、アクセスガイドは起動しません。

我が家ではもっぱら子どもが使うときに活躍

我が家では子どもにお絵かきアプリを使わせるときや、知育アプリをさせるときに大活躍しています。

特定のアプリに固定することで、他のアプリをいじられることがなかったり、使用時間も設定できるので「10分だけ」「20分だけ」といった時間の管理もできるのも便利です。

また広告が表示されるアプリでは広告のエリアを「操作できないエリア」に指定しますので、広告をクリックしてしまう心配がないというのは安心できます。

 

Kindle Unlimitedなら無料で読める

「iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123」をKindle Unlimitedなら無料で読むことができます。(通常1,490円)

iPhone芸人 かじがや卓哉のスゴいiPhone 超絶便利なテクニック123
1,490円→Kindle Unlimitedなら無料!
★4.5 31件のレビュー
ソフトカバー版や通常のKindle版も有り
Amazonのページを見る

関連記事+広告