iPhone・iPadの問題解決

AirDrop(エアドロップ)でファイルを送れないときの注意点

スポンサーリンク

友達と旅行に行って写真をインターネットで共有すると、アップロードやダウンロードなど何かと時間がかかりますが、AirDrop(エアドロップ)なら、数ギガあるような大きなファイルもあっと言う間に送れてしまうので非常に便利です。

ところがAirDropでファイル共有をしていると、送り先は表示されるのにファイルを送ることができないことがあります。

今回はなぜそんなことが起こるのか、原因と対策を紹介します。

同時に複数のファイルを送れないことがある

AirDropで複数のファイルを送信しようとすると、以下のようなエラーメッセージが出ることがあります。

◯◯(送信者の名前)からAirDropで転送できませんでした

これらすべての項目を同時に受信できません。

このエラーはファイルの数やファイルのサイズとは関係なく、送るファイルの組み合わせで発生します。

この問題はiPhoneやiPadからMacに送るときはなく、MacからiPhoneやiPadにファイルを送るとき発生します。

スポンサーリンク

違うファイル形式を同時に送れない

例えばAirDropで「複数の写真」や「写真と動画」を送るのはファイルサイズが数ギガを越えてもまったく問題ありません。

ところが「写真とZIPファイル」や「WordファイルとExcelファイル」といった違うファイル形式をiPhoneやiPadに同時に送ると、そのファイルがどんなに小さくてもAirDropは受け取ることができません。

なぜかというと、iPhoneやiPadは受信したファイルを1つのアプリにしか渡すことができないからです。「写真数枚」や「写真と動画」はすべて写真アプリに行きますが、「写真とZIPファイル」は受け取るアプリが違うため受信ができないと言うことです。

なので、ファイル形式が違う複数のファイルをAirDrop経由でiPhoneやiPadに送りたいときは、ファイル形式ごとに分けて送るようにしましょう。

関連するかもしれない記事

Amazon 今日の特価はこれ!

本日1月17日のAmazon.co.jpのタイムセール(特価)商品のなかから、特に気になったものを紹介します。
これ以外のタイムセールをご覧になりたい方は「タイムセール|Amazon.co.jp」をご覧ください。

レザーカバー折りたたみ式 USB充電ワイヤレスキーボード iOS対応
6,800円2,958円(57%OFF)
27件のレビュー
終了時間:2019年01月19日 10時14分まで
Amazonのページを見る

※2019年01月19日03時00分時点の価格と在庫です。価格の変更や売り切れの可能性があります。詳細は商品ページをご確認ください。

関連記事+広告

ABOUT ME
わち@りんごの使い方
わち@りんごの使い方
南半球のとある国在住。Mac歴はMac OS 7.6から。iPhone歴は3Gから。イマイチApple Watchの魅力がわかりません。