「AirDropで転送できませんでした」というエラーが出たときの対処方法

スポンサーリンク

この記事ではAirDrop(エアドロップ)で写真や動画、PDFなどを送ろうとしたときに「AirDropで転送できませんでした。これらすべての項目を同時に受信できません」というエラーが出たときの対処方法を紹介します。

この問題。「転送できませんでした」とは書かれているものの具体的に何をしたら良いのか、解決策が提示されているようで提示されていません。そのためこのエラーを初めて見た方は一体何をしたらいいのかさっぱりわかりません。

この問題は「送るファイルが大きすぎる」とか「回線が遅すぎる」といった理由で起こるのではありません。

「AirDropで転送できませんでした」というエラー

AirDropで複数のファイルを送信しようとすると、以下のようなエラーメッセージが出ることがあります。

「AirDropで転送できませんでした」というエラーメッセージの原因と対策
エラーメッセージの出方はお使いのiOS・iPadOSによって若干異なります

◯◯(送信者の名前)からAirDropで転送できませんでした

これらすべての項目を同時に受信できません。

上記でも少し触れましたが、このエラーはファイルの数やファイルのサイズとは関係なく、送るファイル形式の組み合わせで発生します。

ちなみにこの問題はMacが受信側の場合は起こりません。この問題は受信側がiPhone・iPadのときに発生します。

スポンサーリンク

複数のファイル形式は同時に送れない

今回のエラーメッセージが発生する理由は形式が違うファイルを同時に転送しようとすると起こります。

例えば仕事の資料として「PDFと写真をMacからiPhoneに送る」や「WordファイルとExcelファイルをMacからiPhoneにAirDropで共有」は送ることが出来ません。

なぜかというとiPhoneやiPadは受信したファイルを、1つのアプリにしか渡すことができないからです。

「写真数枚」や「写真と動画」はすべて写真アプリに行きますが、「写真とZIPファイル」は受け取るアプリが違うため受信ができないということです。

なので、ファイル形式が違う複数のファイルをAirDrop経由でiPhoneやiPadに送りたいときは、ファイル形式ごとに分けて送る必要があります。

AirDropに関連する記事

スポンサーリンク

毎月のデータ通信を安くしませんか?

毎月の通信費を払いすぎていませんか?格安SIMに切り替えるだけで毎月・毎年の通信費を大幅に抑えられます

  • 格安SIMなら安心・定評がある「IIJmio

iPhoneの購入なら

BIGLOBEならiPhone 12と音声通話SIMセットで実質20,000円も安くなります。iPhone SE第2世代なら26,000円台で購入できる!

最新機種なら公式ショップもオススメ

関連記事