iPhoneの空き容量が少ない。アプリの見直しで容量アップ

iPhoneの空き容量が少ない。アプリの見直しで容量アップ

iPhoneやiPadにキーボードを追加や削除をする方法
[iPhone・iPad]アプリアイコンの右上にある赤い丸と数字を消す方法
SimejiやATOK、他の言語のキーボードを削除・非表示にする方法

スポンサーリンク

iPhoneやiPadで写真を撮ったり、ゲームをダンロードしたりしているうちに、容量がドンドン食われて、気がついたら「写真1枚も撮れない」という状況になってしまうことがあります。

そんなときに試して欲しい「アプリの見直し」方法を紹介します。

そんなとき試して欲しいアプリの見直しのやり方を紹介します。

iPhoneに入ってるアプリ全部使ってますか?

アプリは「いつか使うかもしれない」とか「そのうち遊ぶ」という理由でなかなか消せません。

ゲームはけっこう容量を食うものがあります。なかには1GBを越すものもあるほどです。

一度「そのうち使う」というアプリを消して大掃除してみましょう。それだけでもけっこう空き容量を増やすことができます。

スポンサーリンク

どのアプリが何が占拠してるか知ろう

どのアプリがストレージを占拠しているのか知ることができれば、思わぬアプリがストレージを占めていることがわかります。

どうやって調べるのか?というと。

  1. 設定を開く
  2. 一般をタップ
  3. iPhoneストレージをタップ

これだけです。

スクリーンショットの文字が小さいのでわかりにくいかもしれませんが、写真アプリだけで12.42GB、続いてなめこHDというゲームは、そんなに容量を食うゲームには見えませんが、1.16GBも占拠していることがわかります。

iPhoneストレージの画面でアプリを消す方法

どのアプリがストレージを占拠しているかわかったら、今度は同じ画面で不要なアプリを削除してみましょう。

スポンサーリンク

  1. 削除したいアプリをタップ
  2. Appを削除をタップ
  3. 確認のために再度Appを削除をタップ

iPhoneストレージを見ていくと「こんなに容量を占めてるのに全然やってないし消しちゃおう」とか、思わぬものがストレージを占拠していることがわかるのでぜひお試しください。

スポンサーリンク

COMMENTS