iOS 11の新機能「非使用のAppを取り除く」っていったい何?

iOS 11の新機能「非使用のAppを取り除く」っていったい何?

iPhone/iPadの画面が勝手にロックされないようにする方法(iOS 11対応)
【iOS 11対応】iTunesをアップデートしたら、iPhone/iPadのアプリをダウンロードできなくなったときの対象方法
【覚えておきたい】iPhone XのFace IDを一時的にオフにする方法

スポンサーリンク

2017年9月20日にリリースされたiOS 11。
目玉の機能についてはAppleが発表していますが、細かい機能までは発表していないため、意外と細かい機能は知られていません。

今回紹介する「非使用のAppを取り除く」という機能もそんな意外と知られていない新機能の1つです。

「非使用のアプリを取り除く」って何?

非使用のアプリを取り除くというのは、従来のアプリの削除ではアプリ本体と一緒に削除されてしまう書類とデータを削除せず、アプリ本体だけを自動的に削除してくれる機能です。

例えば、しばらくプレイしていなかったゲームのセーブデータは残したままアプリ本体だけ削除して、ストレージの空き容量を確保することができます。しばらくしてまた同じゲームで遊びたくなったらゲームをダウンロードすれば、「書類とデータ」が復元され同じところから再開することができます。

アプリによっては500-600MB、ゲームの場合は1.5GB以上あるアプリも多いので、使っていないアプリを消してくれるのは便利かもしれません。

スポンサーリンク

「非使用のアプリを取り除く」を設定する方法

非使用のアプリを取り除くをオン・オフさせる方法は2通りあります。

まず1つ目は設定からiTunes StoreとApp Storeをタップ。その後、非使用のAppを取り除くオンにします。

たったこれだけです。細かい設定は一切ありません。

そしてもう一つの設定方法は設定一般iPhoneのストレージもしくはiPadのストレージ非使用のAppを取り除く使用するに設定するだけです。

この機能で気を付けたいこと

もしiPhoneやiPadから削除したアプリがApp Storeで公開されなくなった場合、再度アプリのダウンロードできなくなります。

その場合、データを別のアプリに引き継ぐこともできないので、保存されたデータは何に意味もなさなくなってしまいます。

スポンサーリンク

そのためこの機能は気を付けないと、古いアプリで作った書類を開こうと思ったら二度と開けないという事態を起こしかねない、ちょっと怖い機能でもあります。

その辺を理解した上で使う必要がありそうですね。

スポンサーリンク

COMMENTS