iPadの2つに分かれた(分割した)キーボードを元に戻す方法

この記事ではiPadのキーボードが2つに分かれてしまったときの戻し方を紹介します。

意図せずキーボードが分割されてしまって、戻せなくなった方はこちらの記事をご覧ください。

iPadのキーボードが分割してしまったときの直し方

スポンサーリンク

iPadのキーボードはもともと以下のようになっています。

ところがあることをすると、キーボードが2つに分かれて、以下のようになってしまうんです。

左右に別れたキーボードは両手で持って打つ時は打ちやすいかもしれません。

でも、キーボードのボタンが一つ一つ小さくなるのと、そもそも分割されると打ちにくいと感じる人もいます。

特にiPad miniを使っていると画面が小さいので、「物理的な入力のしにくさ」が顕著に現れます。

分割したキーボードを戻す方法

スポンサーリンク

それでは分割したキーボードを戻す方法を紹介します。

  1. 分割しているキーボードの右下にあるキーボードのアイコンを長押し
  1. 結合固定して分割解除フローティングと表示されるので、いずれかをタップ。

フローティングはiPadOS 13から搭載された機能なので、iOS 12が入ったiPadの場合表示されません。

ちなみに「結合」、「固定して分割解除」、「フローティング」はそれぞれ以下のようにキーボードが配置されます。

  • 結合 … キーボードが表示されている場所で分割を止めて1つのキーボードに戻る
  • 固定して分割解除 … 分割が解除され、キーボードは画面の一番下に移動
  • フローティング … iPhoneで使うような小さなキーボードが表示。自由に場所を変えられる。日本語のフリック入力も可能

キーボードにまつわる関連記事

その他、iPad限定でキーボードにまつわる記事もあります。

関連記事