iPhone/iPadにZipファイルが送られてきた!そんな時の対処方法

iPhone/iPadにZipファイルが送られてきた!そんな時の対処方法

通知画面の3D Touchアクションを比較|14のメールアプリから探せ!最高のメールアプリ探し
14のメールアプリ徹底比較で「最高のメールアプリ探し」を始めます。
検索機能はどれが良い?|14のメールアプリから探せ!最高のメールアプリ探し

スポンサーリンク

仕事のメールをiPhoneやiPadで受信したら、メールにZIP形式で圧縮されたファイルが添付されていて、戸惑ったことありませんか?

パソコンなら当たり前にできるZIPファイルの解凍も、iPhoneやiPadを使って解凍しようとすると意外とどうして良いかわかりません。

そこで今回は今後ZIPファイルが送られてきても困らない方法を紹介します。

iPhone/iPadでZIPファイルを開く方法

Zip形式で圧縮されたファイルをiPhoneやiPadで開くには、幾つかの方法があります。

GmailならパスワードがかかっていないZIPは開ける

もしGmailを使っているなら、パスワードがかかっていないZip形式の圧縮ファイルをプレビューすることができます。

スポンサーリンク

外出先でとりあえず中身を確認したい人にはピッタリです。
ただしパスワードロックがかかっている場合はGmailでは開くことができません。

Documents 6がオススメ

パスワードロックの有無に関わらず、ZIPファイルをiPhoneやiPadで開きたい場合は、Documents 6がオススメです。

App StoreでDocuments 6を見る

Documents 6というのは、iPhoneやiPadのファイル管理をするアプリで、ファイルの解凍はもちろん、再びZIP形式で圧縮することも可能です。

例えばGmailで受信したパスワード付きのZIPファイルを開くにはどうすれば良いか?というと。

まずはじめにZIPファイルをDocuments 6内に保存する必要があるので、ZIPファイルをタップした後、左下にあるアイコンをタップ。するとAirDropや、さまざまなアプリで開くことができる画面が出てくるのでDocumentsで読み込むを選択。

スポンサーリンク

Documentsで読み込むをタップすると、Documents 6が起動しファイルが読み込まれます。OKをタップすると読み込んだファイルが表示されます。

さらに読み込んだパスワードロックがかかったZIPファイルをタップするとパスワードを求められるので、パスワードを入力します。するとZIPファイルが解凍されて、フォルダになります。

ちなみに読み込んだファイルがテキストファイルの場合、タップすることで編集することもできます。

ZIPファイルを開くアプリは他にも

今回紹介したのはDocuments 6ですが、それ以外にもZIPファイルを開くアプリはいくつかあります。

スポンサーリンク

  • iZip – Zip圧縮、Zip解凍、Rar解凍のためのツール
    Zipファイル以外にRarや7Z、ZIPX、TAR、GZIPなども解凍可能
  • quick-zip plus

App Storeで「ZIP」と入れて検索すると、色々なアプリが出てきますので試してみてください。

スポンサーリンク

COMMENTS