iPhone/iPadにZipファイルが送られてきた!そんな時の対処方法

外出先でiPhoneやiPadに受け取ったメールにZIP形式で圧縮されたファイルが添付されて戸惑ったことありませんか?

パソコンなら当たり前にできるZIPファイルの解凍も、iPhoneやiPadを使って解凍しようとすると、意外とどうやって解凍すればいいのかわかりません。

そこで今回はiPhone・iPadにZIPファイルが送られてきたときにどうすれば良いか紹介します。

iPhone/iPadでZIPファイルを開く方法

スポンサーリンク

Zip形式で圧縮されたファイルをiPhoneやiPadで開くには、幾つかの方法があります。

パスワード無しZIPファイルならプレビューは簡単

もし添付されてきたZIPファイルにパスワードがかかっていないなら、比較的簡単に圧縮されたファイルを解凍して、プレビュー(閲覧)することが可能です。

ただし、あくまでも「プレビュー」なので編集をすることはできません。

やり方は

  1. メールアプリでメールを受信
  2. iPhone・iPadのファイル管理アプリファイルアプリに保存(やり方はメールアプリによって若干異なります)
  3. ファイルアプリで開く

たったこれだけです。

もしくはメールアプリがGmailなら、パスワードがかかっていないZip形式の圧縮ファイルをプレビューすることができます。Gmailなら添付ファイルを別のアプリに保存し直す必要もないので、ファイルアプリを使うよりもお手軽です。

外出先でとりあえず中身を確認したい人にはピッタリです。

Documents 6がオススメ

パスワードロックの有無に関わらず、ZIPファイルをiPhoneやiPadで開きたい場合は、Documents 6がオススメです。

Documents 6というのは、iPhoneやiPadのファイル管理をするアプリで、ファイルの解凍はもちろん、再びZIP形式で圧縮することも可能です。

例えばGmailアプリで受信したパスワード付きのZIPファイルをDocument 6に受け渡して開くことができます。

まずはじめにZIPファイルをDocuments 6内に保存する必要があります。

ZIPファイルをタップした後、左下にあるをタップ。するとAirDropや、さまざまなアプリで開くことができる画面が出てくるのでDocumentsで読み込むを選択。

Documentsで読み込むをタップすると、Documents 6が起動しファイルが読み込まれます。OKをタップすると読み込んだファイルが表示されます。

さらに読み込んだパスワードロックがかかったZIPファイルをタップするとパスワードを求められるので、パスワードを入力します。するとZIPファイルが解凍されて、フォルダになります。

ちなみに読み込んだファイルがテキストファイルの場合、タップすることで編集することもできます。

ZIPファイルを開くアプリは他にも

スポンサーリンク

今回紹介したのはDocuments 6ですが、それ以外にもZIPファイルを開くアプリはいくつかあります。

  • iZip – Zip圧縮、Zip解凍、Rar解凍のためのツール
    Zipファイル以外にRarや7Z、ZIPX、TAR、GZIPなども解凍可能
  • quick-zip plus

App Storeで「ZIP」と入れて検索すると、色々なアプリが出てきますので試してみてください。

関連記事