【iPhone・iPad】消してしまった写真や動画を元に戻す方法

スポンサーリンク

この記事ではiPhone・iPadの写真アプリで写真や動画を削除した後を元に戻す(削除を取り消す)方法を紹介します。

パソコンなら削除したファイルはゴミ箱に一度入って、ゴミ箱から取り出せばそれで問題解決なのですが、iPhone・iPadにはゴミ箱らしきものがありません。

では、どうやって削除した写真や動画を復元すればいいのか?というと、実はiPhone・iPadの写真アプリには削除してから30日間だけ写真・動画を削除しないでキープしてくれる「ゴミ箱」のような機能があるんです。

間違えて消してしまった時もすぐに復元できますので、慌てずに復元しましょう。

消してしまった写真を復元する方法

それではiPhone・iPadの写真アプリで、消してしまった写真や動画を復元する、元に戻す方法を紹介します。

スポンサーリンク

  1. 写真アプリを開く
  2. 画面下のアルバムをタップ
削除した写真や動画を復元する方法
  1. 一番下にスクロールして最近削除した項目をタップ
  2. 画面右上の選択をタップ
  3. 復元したい写真をタップ
  4. 画面右下の復元をタップ
  5. 確認の画面が出てくるので復元の方をタップ

ちなみに最近削除した項目の写真や動画のサムネイルの下には「2日」「29日など日付が書かれています。

これは撮影日や削除した日の日付ではなく、完全に削除されるまでの残り日数です。

写真や動画を完全に削除することもできる

余談なのですが、復元の逆で「完全に写真や動画を削除したい」「復元できないようにしたい」というニーズもあります。

人には見せたくない写真や動画を削除して、復元されては困る時は「完全な削除」を行うことで誰にも見られる心配がなくなります。

関連記事