Apple Watchいる?数日あえて使わなくしてわかったこと

スポンサーリンク

この記事ではApple Watchを先日「あえて」Apple Watchを数日使わないでみて感じた「Apple Watchの必要性」や「Apple Watchの用途」について思ったことをまとめました。

僕はApple Watchを購入前、「Apple Watchっていらなくない?」と思っていました。それから3年ほど使って今ではお風呂に入る時間以外は寝る時もずっと肌身離さず付けています。

でも、本当にApple Watchが必要なのか確かめるために、数日Apple Watchを付けないで生活してみました。

Apple Watchっている?いらない?

僕が初めてApple Watchを見た時「あ、これはいらないやつだ」と思いました。

というのも時計の小さな画面では大したことはできないし、もともとiPhoneを持ち運ぶようになって腕時計をしなくなったので、Apple Watchはいらないと思っていました。

スポンサーリンク

それから数年してApple Watch 3が発売され、何かの拍子にApple Watchを購入しました。

それから3年。冒頭でも触れましたが僕はお風呂に入る時間と、そのあと少し汗が引くまでの間を除いて、常にApple Watchを付けています。寝る時も付けています。

でも、ある時なぜがApple Watchを付けるのを忘れていたので、「これはいい機会だ」と思い、そのまま数日Apple Watchを付けないで生活してみました。

ずっと当たり前のように僕の左腕にいたApple Watchがなくなったら、急に生活が不便になるかもしれない。空気のような存在だからこそ手につけていないと、その存在を感じるかもしれないと思ったわけです。

Apple Watchをつけないで生活して感じたこと

では、ここからApple Watchをつけないで数日生活をして感じたことを書いていきます。

時間がわかりにくくなった(当たり前)

まずはものすごく当たり前なのですが、Apple Watch、というより腕時計で時間を確認する癖ができると、腕に時計がついていないと時間が分かりにくくなります。

スポンサーリンク

ものすごく当たり前のことなのですが、何気にこれが結構不便でした。

ただこれはApple Watchではなくて腕時計でも良くね?という話なので、あまり掘り下げません。

Apple Watchで一番使う機能は「通知」

僕に限った話かもしれませんが、「時間を知る」という機能以外、Apple Watchの機能として一番使っているのは「通知を受ける」だということに気が付きました。

Apple Watchを付けない生活をして不便に感じたのはiPhoneをポケットに入れていたり、iPhoneが手元にないときに通知に気がつかないことです。

Apple Watchがないことでメールやメッセージに気が付かずに、少しのあいだ放置したままになってしまったことも。

もちろんApple Watchから返信したり、メールやメッセージの内容を見るわけでないのですが、Apple Watchで最初だけ読むことができるので、そこから「今返信したほうがいい」「後で返す」「アーカイブ」などを判断できるのは非常に便利です。

外出時は支払い端末としてあってもいい

スポンサーリンク

外出時はApple Payで支払うことが多いので、Apple Watchがあると便利ではあります。ただiPhoneでも支払えるので「Apple Watchがないと困る」というほどではありませんでした。

僕は海外に住んでいるのでSuicaやPasmoは使っていませんが、日本にいたらSuicaやPasmoを使う端末としても重宝しますね。ただこれもApple Pay同様Apple WatchじゃなくてiPhoneでもできるので「必須」ではないかもしれません。

それ以外の機能は「あったら便利、無くても困らない」

それ以外にもApple Watchでできることはたくさんあります。

  • 歩数をカウント
  • 心拍を測る
  • 血中酸素濃度を測る(シリーズ6のみ)
  • 心電図を取る(対応している国の在住者のみ)
  • 騒音を測定する
  • 睡眠の記録を取る
  • アラーム・タイマーを鳴らす
  • iPhoneのカメラのリモコンとモニターとして使う

などなどアプリを入れれば入れただけ新機能は増えるのですが、結局こういった機能は「あったらあったで便利」なのですが結局のところ「無くても困らない」ことに気が付きました。

Apple Watchは買い?それとも要らない?

さて数日間、Apple Watchを付けない生活をして「Apple Watchは必要なものなのか」それとも「買わなくても良いもの」なのか考えた今の気持ちをあれこれ書いてみました。

スポンサーリンク

個人的には外出でiPhoneを忘れたら相当困りますが、Apple Watchは「忘れても致命的に困ることはないけど、あったら便利」という製品のようです。

また今回の経験で次からApple Watchの最新機種が発売されても、僕が使っているApple Watch 5が壊れたり、かなり遅くなって不便しない限り買い換えることはなさそうです。

もし他人にApple Watchを勧めるなら

もし僕が友人から「Apple Watchを買いたいと思うんだけど」と聞かれたら、こう答えると思います。

「使うかどうか疑問があるなら、基本機能が搭載されたApple Watch SEか、少し古くて性能も微妙だけどApple Watch Series 3を買うのが一番コスパが良くていいよ」と勧めます。

というのもApple Watch Series 6は機能が満載なのですが、普段ほとんど使わないからです。しかも値段が高い。それならまずは必要最低限の機能だけが搭載されたApple Watchを買って、他の機能も欲しくなったら次のモデルを買えば良いです。

ちなみにそれぞれのモデルの機能の違いを一覧にしてみました。

価格差を先に触れておくと

スポンサーリンク

  • Apple Watch Series 6 … 42,800円から
  • Apple Watch SE … 29,800円から
  • Apple Watch Series 3 … 19,800円から

です。価格差を踏まえつつ性能の違いをチェックしてみてください。

3SE6
ディスプレイ30%大30%大
常時点灯XX
性能
血中酸素XX
心電図XX
騒音測定X
転倒検知X
コンパスX

個人的には「とにかく価格を抑えたい」方はSeries 3でも良いような気がしますが、正直Apple Watch Seires 3は3年前の機種で性能もかなり低くディスプレイが違うと雰囲気がまったく変わるので、1万円頑張って払ってSEにすることをお勧めします。

関連記事