iPhone/iPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索の対象外にする方法

iPhone/iPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索の対象外にする方法

iPhone/iPadのApp Storeのアイコンが消えた時の探し方(iOS 12対応)
iPhoneやiPadでインストール済みのアプリが見つけられないときの対処方法
iPhone/iPadで「SIRIからの提案」を非表示にする方法(iOS 12)

スポンサーリンク

Spotlight検索はiPhoneやiPadにインストールされているアプリの中から同時に検索してくれるので、便利なときもありますが、時には「このアプリは検索しないで欲しい」「検索結果が多すぎる」などいう声も聞きます。

今回の記事では、iPhone/iPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索対象から外す方法を紹介します。

Spotlight検索から特定のアプリを非表示にする方法

アプリがインストールされると、自動的にSpotlight検索の検索対象になります。
そのためたくさんのアプリをインストールすればするほど、検索対象や検索結果の数が大きくなり、本当に必要な情報を探すのが困難になります。

そんなときは不要なアプリをSpotlight検索の検索対象から外してしまいましょう。今回は試しにGmailを検索対象から外してみます。

スポンサーリンク

非表示のやり方は、設定を開きSiriと検索をタップ。次の画面で下にスクロールするとアプリの一覧が出てきますのでGmailをタップ。すると検索と”Siriからの提案”という項目がありますので、それオフにするだけです。

あわせて読みたい記事

 

スポンサーリンク

COMMENTS