iPhone/iPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索の対象外にする方法

Spotlight検索はiPhoneやiPadにインストールされているアプリの中から同時に検索してくれるので非常に便利です。

ところが便利なのと同時に「このアプリは検索しないで欲しい」「検索結果が多すぎるから表示されるアプリを制限したい」などいう声も聞きます。

今回の記事では、iPhone/iPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索対象から外す方法を紹介します。

Spotlight検索から特定のアプリを非表示にする方法

スポンサーリンク

アプリがインストールされると、自動的にSpotlight検索の検索対象になります。
そのためたくさんのアプリをインストールすればするほど、検索対象や検索結果の数が大きくなり、本当に必要な情報を探すのが困難になります。

そんなときは不要なアプリをSpotlight検索の検索対象から外してしまいましょう。今回は試しにGmailを検索対象から外してみます。

Spotlight検索で特定のアプリを表示させない方法

  1. 設定を開く
  2. Siriと検索をタップ
  3. 画面を下にスクロールし、Gmailをタップ
  4. Siriおよび提案オフ

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

 

関連記事

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。