iPhone/iPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索の対象外にする方法

Spotlight検索は検索したい言葉をiPhoneやiPadにインストールされているアプリの中から同時に検索(串刺し検索・縦断検索)してくれるので非常に便利です。

ただ便利なのと同時に「このアプリは検索しないで欲しい」「検索結果が多すぎるから表示されるアプリを制限したい」などいう声もあります。

そこで今回の記事では、iPhoneとiPadのSpotlight検索で特定のアプリを検索対象から外す方法を紹介します。

Spotlight検索から特定のアプリを非表示にする方法

スポンサーリンク

Spotlightはアプリがインストールされると、自動的にそのアプリを検索対象にします。

そのためアプリをたくさんインストールすればするほど、検索対象が増え、その結果、検索結果の数が多くなってしまいます。

そして本当に必要な情報を探すのが困難になります。それでは検索の意味がなく本末転倒になってしまいます。

そんなときは不要なアプリをSpotlight検索の検索対象から外してしまいましょう。今回は試しにGmailを検索対象から外してみます。

Spotlight検索で特定のアプリを表示させない方法
  1. 設定を開く
  2. Siriと検索をタップ
  3. 画面を下にスクロールし、Gmailをタップ
  4. Siriおよび提案オフ

これでSpotlightの検索からGmailが外されました。

関連記事